ルミガンの通販のご案内

ルミガンはアラガン社から発売されているまつ毛の育毛剤です。まつ毛に塗ることにより、まつ毛の成長(長さ、豊かさ、色の濃さ)を促し、魅力的な目元になることをサポートします。

最安値を販売ページでチェック
 

ルミガンの概要

ルミガンはアメリカのアラガン社が開発し、販売している目に使用する外用薬です。
元は緑内障や高眼圧症の治療薬として開発され使用されていましたが、副作用にまつ毛を育てる効果が認められたため、まつ毛育毛剤としても販売されるようになりました。
アメリカで承認されたのが2008年で、日本でも2009年から病院で処方されています。

ルミガンの効果

ルミガンの主成分として使われているビマトプロストには、まつ毛の毛周期の成長期を長くすることでまつ毛を長く太く濃く成長させる効果があるとされています。
ルミガンをまつ毛に塗布する事で、メラニンの生成が活発になり、休眠期の毛根を刺激しまつ毛1本1本が長く太く成長します。
まつ毛は通常3か月で生え変わりますが、ルミガンを使用すると6か月に延長されると言われています。
それにより、ルミガンの使用開始から8週間程度でほとんどの人に目に見える効果が見え始め、16週が経過した頃には25%長く106%太く、18%濃くなったというデータがあります。

ルミガンの使用方法

1日1回、夜に使用します。
メイクを落とし、コンタクトレンズを入れている方は外し、手と顔を清潔にします。
清潔な綿棒やハケなどにルミガンを1~2滴落としたら、上瞼の根元に塗ります。
その時、根元の皮膚には付かないように気を付けてください。
また、下まぶたには塗らないでください。
塗り終わったら清潔なコットンやティッシュなどで、はみ出した余分なルミガンをふき取ります。
綿棒やハケは、目の汚れなどの感染を防ぐため片目ずつ新しいものを使用してください。

ルミガンの副作用

ルミガンの副作用として報告されているのは結膜充血、眼脂、眼乾燥、点状角膜炎、眼瞼紅斑、眼瞼そう痒症、眼そう痒症、眼瞼刺激、眼刺激、皮膚色素過剰などです。
またごくまれに重篤な副作用として、目の目の虹彩への色素沈着とまぶたが痩せて溝が深くなる眼瞼溝深化が報告されています。
ルミガンを使用して異常を感じた時には使用を一度やめて、眼科を受診するようにしてください。

ルミガンの注意事項

効果がはっきりわかるまでは約2か月程度かかります。
効果を持続させるためには継続してルミガンを使用する必要があります。
使用をやめると数か月で元のまつ毛の状態に戻ります。
多く塗っても効果は増大しませんので、規定量以上の量や回数を使用しないようにしてください。

そしがや薬局【公式】