抗うつ薬(抗うつ剤)の種類や通販のご案内

抗うつ剤 -全ラインナップ-

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


抗うつ薬(抗うつ剤)とは

うつ病になると、脳の神経伝達物質である「セロトニン」や「ノリアドレナリン」の機能が低下し、神経細胞間の情報がスムーズに伝わりにくくなりるとされています。
うつ病のメカニズムはまだすべてが解明されているわけではありませんが、抗うつ薬(抗うつ剤)はそれらの神経伝達物資に作用する事で、うつ病を改善する効果が期待できるお薬です。

抗うつ薬の種類

抗うつ薬には、主に次のような種類があります。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

脳内の神経伝達物資の中で、セロトニンの再取り込みを阻害するお薬です。
それにより神経細胞間のセロトニンの量を増やし、神経伝達をスムーズにする事で抗うつ作用を発揮すると考えられています。

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

脳内の神経伝達物資のセロトニンとノルアドレナリンの両方の再取り込みを阻害するお薬です。
それによって神経物質間のセロトニンとノルアドレナリンの量を増やし、神経伝達をスムーズにする事で抗うつ作用を発揮すると考えられています。

NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)

上の2つの種類の薬とは違う作用で、セロトニンとノルアドレナリンの放出を促進するタイプのお薬です。

三環系抗うつ薬・四環系抗うつ薬

抗うつ薬として古くから使われてきたお薬です。
今はSSRIやSNRIでは効果が見られなかったり効果が不十分な例に使用されます。
セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害する作用がありますが、それ以外の神経伝達物資の働きも阻害してしまうため、副作用として口の乾きや便秘、眠気などが強く出てしまいます。
四環系は三環系よりは副作用が少ないとされています。

抗うつ薬の注意ポイント

抗うつ薬を使用する際は、次のポイントに注意しましょう。

規則正しく服薬する

毎日決まった時間に薬を飲む事で、薬の血中濃度が一定に保たれ効果が現れます。
調子の良し悪しで飲む飲まないなどとしていると思うような効果は得られません。
飲み忘れにも注意して、規則正しく服薬しましょう。

指示通りに飲む

抗うつ薬は最初少量から使用しはじめ、症状や副作用の様子を見ながら薬の量を徐々に増やして行きます。
自分の判断で薬の量を増減せず、指示された通りに飲むようにしましょう。

気長に服薬する

抗うつ剤は飲んですぐに効果が出る種類の薬ではありません。
個人差はあるものの、効果が現れるまでは2週間から1か月程度はかかることもあるので、即効性がないからといってあきらめずに、気長に服薬を続けましょう。

自分の判断で服薬を中止しない

うつ病は再発する事が多いため、症状がなくなったと思ったとしても自分の判断で薬を飲むのをやめたり量を減らしたりする事はやめましょう。

そしがや薬局【公式】