ノルレボの通販や副作用

ノルレボ(ポスティノール)

ノルレボは個人輸入代行サービスを利用することで通販が可能です。
ノルレボ(ポスティノール)は、有効成分のレボノルゲストレルを含むモーニングアフターピル(緊急避妊薬)です。性交後、72時間以内に経口で服用することで避妊の効果が期待できます。

最安値を販売ページでチェック
アフターピルの一覧はこちら


ノルレボについて

思わぬ妊娠を避けるための薬がノルレボです。
日本国内では2011年に認可を受けた薬になります。
2011年以前の日本では緊急避妊薬がなく、ヤッペ法が採用されていました。
ヤッペ法は高用量の経口避妊薬を服用するもので、妊娠阻止率が約4割程度しかない割に吐き気などの副作用が強い方法です。
そうした現状を変えるために、緊急避妊薬であるノルレボが承認されたのです。

ノルレボの有効成分はレボノルゲストレルにあります。
黄体ホルモンの1つで摂取することで、体内のホルモン濃度を上昇させるのです。
そのため排卵を抑制でき、子宮内幕の増殖を抑えられるので受精卵の着床を伏せエグといった効果が期待できます。
さらに子宮内に精子を入りにくくさせることで、避妊に失敗をしたとしても妊娠する可能性を低くしてくれるのです。
ただしノルレボの妊娠阻止率は約85%になります。
これは避妊失敗から72時間以内に服用したケースで、72時間を超えてから服用した場合は約60%程度にまで下がってしまうのです。

緊急避妊薬には妊娠を確実に防いでくれるイメージを持つ人もいますが、こうした臨床試験の結果から見ると100%ではありません。
仮にノルレボを服用しても、3週間を過ぎて月経がない場合は婦人科で検査を受けるのが推奨されています。
有効成分のレボノルゲストレルの配合が1.5mgになるので、用量としては大きくありません。
そのため比較的に副作用も少ないのですが、避妊薬については個人の体質によって効果や副作用の出方も変わります。

そしがや薬局【公式】