ダイフルカンの効果や通販のご案内

ダイフルカン(ジフルカン)ジェネリック50mg

ダイフルカンジェネリックは、ファイザー株式会社のジフルカンのジェネリック医薬品で、深在性抗真菌薬です。有効成分であるフルコナゾールは、カンジダ症、真菌血症、呼吸器真菌症、消化管真菌症、尿路真菌症などの治療に用いられます。

最安値を販売ページでチェック


ダイフルカン(ジフルカン)ジェネリック150mg

【カンジダ治療薬1番人気!】ダイフルカンジェネリックはインドのシプラ社が販売しているカンジダ症の真菌症治療薬です。主成分であるフルコナゾールはカンジダ症治療に最も効果的とされ、病院で処方されるお薬のジェネリックです。

最安値を販売ページでチェック


ダイフルカン(ジフルカン)ジェネリック200mg

カンジダ症など真菌(=カビ)に対する抗生物質の1つであるフルコナゾールを主成分としたジフルカンのジェネリック医薬品です。真菌の中でもカンジダやクリプトコッカスという種類に対して効果を発揮します。

最安値を販売ページでチェック

ダイフルカンの概要

個人輸入代行サイトを利用することで、ダイフルカンを通販でお取り寄せすることが可能です。

ダイフルカンは深在性真菌症に使われるアゾール系の抗真菌薬です。
有効成分としてフルコナゾールが含まれており、主にカンジタ膣炎などに使用されています。

ダイフルカンの効果

ダイフルカンは、カンジダ属及びクリプトコッカス属による真菌血症、呼吸器真菌症、消化管真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎の治療や、造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防に効果が期待できるお薬です。
また、カンジタという真菌による女性の膣炎や外因膣炎にも特に有効です。
ダイフルカンを服用すると、その成分が細胞膜の生合成を阻害して真菌を殺菌します。
真菌はカビの仲間です。
身体の抵抗力が落ちている人では、その真菌が肺や消化器など体内で増殖してしまう事があります。
ダイフルカンは吸収がよく、肺や髄液に高濃度で移行して原因の真菌を殺菌し症状を改善します。

ダイフルカンの服用方法

ダイフルカンは症状によって用法用量が異なります。

カンジダ症

成人は1日1回、50~100mg服用します。
重症の場合には1日400mgまで増量する事が可能です。
小児は、1日1回、体重1kgに対して3mgを服用します。

クリプトコッカス症

成人は1日1回、50~100mg服用します。
重症または難治性真菌感染症の場合には、1日400mgまで増量が可能です。
小児は、1日1回、体重1kgに対して3~6mgを服用します。
重症または難治性真菌感染症の場合には、1日体重1kgに対して12mgまで増量が可能です。

造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防

成人は1日1回400mg服用します。
小児は、1日1回、体重1kgに対して12mgを服用します。
状態に応じて増減しますが、1日量として400mgは超えないようにします。
成人・小児とも好中球減少症が予想される数日前から投与する事が望ましいとされています。
また好中球数が1,000/mm3を超えてから7日間の投与が望ましいともされています。

カンジダ属に起因する腟炎及び外陰腟炎

成人は1日1回150mg服用します。
4~7日間服用後効果を判定し、効果が認められない場合には薬を変えるなどの適切な処置が必要です。

ダイフルカンの副作用

ダイフルカンの主な副作用として、肝臓機能障害、発疹、消化器障害、頭痛、めまい、腎臓障害、代謝異常、発熱、けん怠感などが報告されています。
ごく稀にショックや皮膚障害、血液障害、肝障害など重篤な副作用が報告されているため、ダイフルカンを服用して身体に異変を感じた場合には医師や薬剤師に相談し、必要であれば医療機関を受診するようにしてください。

ダイフルカンの注意事項

ダイフルカンに対して過敏症の既往歴のある方や、妊娠中または妊娠の可能性のある方は服用できません。
また、下記の薬剤を使用中の方も服用は禁忌とされていますのでご注意ください。

  • トリアゾラム、エルゴタミン、ジヒドロエルゴタミン、キニジン、ピモジド、アスナプレビル、ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル配合錠

そしがや薬局【公式】