パキシルの効果や通販のご案内

(パキシルジェネリック)ペクセップ12.5mg

抗うつ作用や抗不安作用を有し、こころや体の症状を改善させるはたらきのあるお薬です。うつ病・うつ状態やパニック障害のほか、強迫性障害や社会不安障害、外傷後ストレス障害などのさまざまな疾患に対して使用されます。

最安値を販売ページでチェック
メンタルケア・睡眠のお薬一覧はこちら


(パキシルジェネリック)ペクセップ20mg

ペクセップは国内で抗うつ薬として処方されている、パキシルのジェネリック医薬品です。第三世代の抗うつ薬に分類され、有効成分パロキセチンを20mg配合しています。意欲を高める作用以外に、PMS(月経前症候群)や摂食障害にも効果が期待されます。

最安値を販売ページでチェック
メンタルケア・睡眠のお薬一覧はこちら


(パキシルジェネリック)ペクセップ30mg

SSRI第3世代抗うつ剤パキシルのジェネリック!病院でも処方されやすい抗うつ薬

最安値を販売ページでチェック
メンタルケア・睡眠のお薬一覧はこちら


(パキシルジェネリック)パロキセチン20mg

パロキセチンはイギリスの製薬会社であるアルムス社が開発した抗うつ薬です。日本でも2000年に承認されたパロキセチンと同成分を同一量配合した、ジェネリック医薬品です。パロキセチンは心のサプリメントとして定評があり、抗不安効果が強く幅広い不安障害に適応があります。

最安値を販売ページでチェック
メンタルケア・睡眠のお薬一覧はこちら


パキシルの効果について

パキシルは主にうつ病などに使用される、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)という種類のお薬です。
脳内のセロトニンの働きを改善して、意欲を高めたり憂鬱な気分を改善させる効果が期待できます。
セロトニン系の神経にのみ作用するのが特徴であり、それによって従来の抗うつ薬に多い口の乾きや便秘などの副作用が出にくくなります。
パキシルは同じ系列の薬の中でもセロトニンを阻害する作用が強く、抗うつ作用と抗不安作用の両方を持っています。
そのため、うつ病だけでなくパニック障害や強迫神経症、またPTSD(外傷後ストレス障害)の改善効果も期待できます。

パキシルの効果が期待できる疾患・症状

  • うつ病・うつ状態
  • パニック障害
  • 強迫性障害
  • 社会不安障害(社交不安障害)
  • 外傷後ストレス障害
  • 摂食障害
  • 過食嘔吐
  • 月経前不快気分障害
  • 更年期障害(ほてり、寝汗)

パキシルの服用方法

パキシルは症状、疾患によって服用量が異なります。
基本的に1日20~40mgから開始し、適宜量を増減していく事になります。
指示に従って服用するようにしてください。

パキシルの副作用

比較的副作用の少ない薬ですが、飲み初めに胃腸障害が起こる事があります。
その場合には胃薬や吐き気止めなどを処方してもらってください。
また人によっては飲み初めに不安感やイライラ、そわそわなどを感じる事がありますが、よく見られる症状なのであまり気にせず医師に相談するようにしましょう。
その他、いつもと違う身体の異変を感じた場合には、医師や薬剤師に相談してください。

パキシルの注意事項

パキシルの効果が出るまでには2~3週間ほどかかることがあります。
副作用が出ないように、少量から始めで効果が出る必要最低量まで増量しますが、肝臓や腎臓の悪い方や、若年者、高齢者は特に慎重に使用する必要があります。
飲み始めや薬の量を増やした際、気分がかえって不安定になる事がありますので、その場合は医師に相談してください。
症状が改善したと思って飲むのをやめてしまうと、反動で症状が悪化したり体調不良になる事があります。
うつ病の場合では、症状が良くなってもしばらくは少量の服薬を続けるのが一般的です。
薬の量ややめるタイミングなどは自分で判断せず、必ず医師と相談するようにしてください。

そしがや薬局【公式】