パキシルの副作用について

(パキシルジェネリック)ペクセップ12.5mg

抗うつ作用や抗不安作用を有し、こころや体の症状を改善させるはたらきのあるお薬です。うつ病・うつ状態やパニック障害のほか、強迫性障害や社会不安障害、外傷後ストレス障害などのさまざまな疾患に対して使用されます。

最安値を販売ページでチェック
メンタルケア・睡眠のお薬一覧はこちら


(パキシルジェネリック)ペクセップ20mg

ペクセップは国内で抗うつ薬として処方されている、パキシルのジェネリック医薬品です。第三世代の抗うつ薬に分類され、有効成分パロキセチンを20mg配合しています。意欲を高める作用以外に、PMS(月経前症候群)や摂食障害にも効果が期待されます。

最安値を販売ページでチェック
メンタルケア・睡眠のお薬一覧はこちら


(パキシルジェネリック)ペクセップ30mg

SSRI第3世代抗うつ剤パキシルのジェネリック!病院でも処方されやすい抗うつ薬

最安値を販売ページでチェック
メンタルケア・睡眠のお薬一覧はこちら


(パキシルジェネリック)パロキセチン20mg

パロキセチンはイギリスの製薬会社であるアルムス社が開発した抗うつ薬です。日本でも2000年に承認されたパロキセチンと同成分を同一量配合した、ジェネリック医薬品です。パロキセチンは心のサプリメントとして定評があり、抗不安効果が強く幅広い不安障害に適応があります。

最安値を販売ページでチェック
メンタルケア・睡眠のお薬一覧はこちら


パキシルの副作用

パキシルはグラクソ・スミスクライン株式会社が製造販売しているうつ病などの治療に用いられるお薬です。
選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)と呼ばれる種類のお薬で、主成分はパロキセチン塩酸塩水和物です。
脳内の神経伝達物資であるセロトニンの働きを強める事で、抗うつ作用や抗不安作用を示します。

パキシルの副作用としては、眠気、めまい、吐き気、便秘、頭痛、倦怠感、胃不快感、性機能障害が報告されています。
これらの症状以外にもパキシルを服用して身体や心に異変を感じた場合には、医師に相談するようにしてください。

パキシルの効果

パキシルは神経伝達物資の中で、セロトニンだけを増加させようとして作られています。
それ以外の作用を抑える事で、副作用を軽減させています。
セロトニンの働きを強める事で、気分の落ち込みや不安感の改善の効果が期待できます。
また憂鬱な気持ちや突然の激しい不安感、強迫観念、過度な緊張などの症状も改善される事が期待できます。
そのため、うつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害の治療に用いられます。
さらには、月経前気分不快症(PMDD)や更年期の症状などにも用いられることもあります。

パキシルの服用方法

パキシルは症状などによって服用量が次のように変わります。

うつ病・うつ状態

通常、成人は1日1回夕食後、20~40mgを服用します。
1回10~20mgからはじめて、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増やして行きます。
症状によっては、1日40mgを超えない範囲で適宜増減します。

パニック障害

通常、成人は1日1回夕食後、30mgを服用します。
1回10mgからはじめて、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増やして行きます。
症状によっては、1日30mgを超えない範囲で適宜増減します。

強迫性障害

通常、成人は1日1回夕食後、40mgを服用します。
1回20mgからはじめて、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増やして行きます。
症状によっては、1日50mgを超えない範囲で適宜増減します。

社会不安障害

通常、成人は1日1回夕食後、20mgを服用します。
1回10mgからはじめて、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増やして行きます。
症状によっては、1日40mgを超えない範囲で適宜増減します。

外傷後ストレス障害

通常、成人は1日1回夕食後、20mgを服用します。
1回10~20mgからはじめて、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増やして行きます。
症状によっては、1日40mgを超えない範囲で適宜増減します。

パキシルの注意事項

眠気やめまいが起こることがあるので、パキシル服用中は車の運転や危険を伴う機会の操作、高いところでの作業などには十分な注意が必要です。
アルコール類は薬の作用を強くするので、服用中の飲酒は避けてください。
パキシル以外のお薬を服用中の方は、事前に医師や薬剤師に報告するようにしてください。

そしがや薬局【公式】