ラブグラの効果や通販のご案内

ラブグラ(ウーメラジェネリック)

女性用バイアグラ「ウーメラ」のジェネリックで、内服タイプの性感向上薬です。 バイアグラと同様に有効成分「シルデナフィルクエン酸塩」を100mg配合し、女性向けに改良したお薬です。

最安値を販売ページでチェック
女性用ナイトライフのお薬一覧はこちら
 


ラブグラの概要

ラブグラはインドのムンバイにある製薬会社のアジャンタファーマ社が製造販売している女性用の不感症および性的興奮障害改善薬です。
ラブグラに含まれる有効成分の「シルデナフィル」は、男性のED治療薬として有名なバイアグラにも含まれている成分です。
この成分には、PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素を阻害する働きがあります。
PDE-5には、性感度に影響を与える環状グアノシン一リン酸を分解してしまうという作用がありますが、服用によってそのPDE-5を阻害し、不感症や性的興奮障害を改善する事が期待できるお薬です。

ラブグラの効果

ストレス、更年期、抗生物質の服用など、女性の膣分泌液は様々な要因によって減少する可能性があります。
そしてそれによって、不感症や性交痛を引き起こす可能性は誰にでもあるとされています。
ラブグラには血管拡張作用があるため、女性器周辺の血流が良くなり膣分泌液の分泌を増やす作用があります。
性行為の前にラブグラを服用する事によって、女性の不感症や性交痛の改善が期待できます。

ラブグラの服用方法

ラブグラの主成分であるシルデナフィルは腸で吸収されるため、胃に内容物があると効果が半減してしまう可能性があります。
そのため空腹時の服用が推奨されています。
特に脂肪分が多い食事をすると、効果が出ないこともありますので注意が必要です。
シルデナフィルとして1回25mg~50㎎を、性行為の予定の30分から1時間程度前に水またはぬるま湯で服用します。
1錠は100mgですので、ピルカッターなどで分割する必要があります。
ラブグラの効果持続時間は、およそ5時間程度とされています。
その間、性的刺激があれば効果を発現させます。
次の服用までは最低24時間あけるようにしてください。

ラブグラの副作用

ラブグラの主な副作用としては、頭痛、ほてり、鼻づまり、めまい、動悸、胃もたれなどの症状が報告されています。
これらのほとんどはシルデナフィルの血管拡張効果によるもので、薬の効果が薄まれば消滅します。
しかしいつまでも副作用の症状が続いたり、その他にも身体の異変を感じた場合には、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

ラブグラの注意事項

アルコールがまわりやすくなるため、服用前後の過度な飲酒は控えてください。
またカフェインを含む飲料や、グレープフルーツジュースの服用も控えてください。
薬を分割した際に残った分は、空気に触れないように保管して早めに使用するようにしてください。

そしがや薬局【公式】