バイアグラの効果について

バイアグラ25mg

ファイザー社が開発したED治療薬バイアグラは、言わずと知れた勃起不全の治療薬です。日本でもクリニックで処方される25mg(シルデナフィル)の用量は、バイアグラを初めて飲まれる方や、副作用が心配な方に最適のお薬です。

最安値を販売ページでチェック
バイアグラ系(シルデナフィル)の薬一覧はこちら


バイアグラ50mg

ED治療薬バイアグラは、医薬品製造販売トップクラスのファイザー社が特許取得かつ製造販売している勃起不全の治療薬です。他の治療薬よりも製造販売している期間が長いため、安全性の高いお薬です。性行為の約1時間前に服用することで勃起を期待できます。

最安値を販売ページでチェック
バイアグラ系(シルデナフィル)の薬一覧はこちら


バイアグラ100mg

バイアグラは世界で最初に発売されたED治療薬で、世界的にもっとも有名で知名度がある薬です。今ではバイアグラのジェネリック医薬品が数多く販売されていますが、信頼感のあるオリジナル先発品を選ぶユーザーは多く、人気が高い医薬品です

最安値を販売ページでチェック
バイアグラ系(シルデナフィル)の薬一覧はこちら


バイアグラ系(シルデナフィル)のお薬一覧

ペニスの中折れ、加齢や生活習慣で硬さが落ちたというような勃起症状を改善、ED治療薬バイアグラと同成分シルデナフィル100mgを配合した日本語パッケージのジェネリックED薬!有効成分を日本では販売されていない100mgの高用量含有しているので、強力な勃起誘発効果を得ることができます。

バイアグラ系(シルデナフィル)の薬一覧はこちら


バイアグラの効果について

バイアグラはアメリカのファイザー株式会社が、1998年に世界で初めてED(勃起不全)に効果がある医薬品として製品化したお薬です。
日本では1999年1月に厚生労働省が承認しました。
錠剤として発売されたバイアグラですが、現在は舌の上にのせて唾液で飲み込むODフィルムタイプも販売しています。
バイアグラに含まれている主成分は「シルデナフィルクエン酸塩」です。
男性が性的刺激を覚えると、興奮した大脳からの指令が脊髄を経由して勃起中枢に伝わります。
すると陰茎の細動脈壁から一酸化窒素が分泌され、環状グアノシン一リン酸(cGMP)という血管拡張物質が増加します。
このcGMPの作用によって陰茎周辺部の血管が拡張して血流量が増えることで、海綿体に血液が流れ込んで陰茎は勃起します。
一方、PDE-5というそれを阻害する作用のある酵素があります。
バイアグラの主成分であるシルデナフィルクエン酸塩は、このPDE-5の作用を抑制し、EDの症状を改善させる効果を期待できる成分です。
バイアグラを性行為の約1時間前に服用する事で、効果が4~5時間継続する事が期待できます。
心因性ED、器質性ED、またその両方を併せ持つEDのすべてタイプに効果があるとされています。

バイアグラの服用方法

通常成人は1回25mg~50mgを性行為の約1時間前に服用します。
高齢者(65歳以上)、肝障害のある患者及び重度の腎障害の方は25mgからはじめて様子をみてください。
1回服用したら24時間以上の間隔をあけてください。
なるべく空腹時に服用するようにしましょう。
どうしても食後に服用しなくてはいけない場合には、脂肪分の多い食事は控えるようにしてください。
飲酒もなるべく控える事が推奨されています。

バイアグラの副作用

副作用として比較的多いのは、頭痛とほてりです。
これはバイアグラの血管拡張作用によるものなので、通常2~3時間程度でおさまります。
また、鼻づまりやめまい、血圧の変動、動悸、頻脈なども報告されていますが、薬の効果が消えるとともに消失するするケースがほとんどです。
まれに視覚異常、彩視症、光視症..視界が青くみえる、黄色くみえる、かすむ、まぶしい、キラキラした光が見えるなどの症状が現れる事がありますので、自動車の運転などには十分注意してください。
ただし著しく視力が低下するような場合には、速やかに眼科医を受診してください。
またごくまれに、勃起状態が4時間以上継続するプリアピズムという症状が現れる事があります。
その場合にはすぐに医療機関を受診してください。

バイアグラの注意事項

飲み合わせのよくない薬があるため、他のお薬を服用中の方はバイアグラを飲む前に医師や薬剤師に相談するようにしてください。

そしがや薬局【公式】