プロペシアの効果について

プロペシア -全ラインナップ-

プロペシア・プロペシアジェネリック各製品の最安値を販売ページでチェック
 


プロペシアの効果について

プロペシアは主成分に「フィナステリド」を含む、AGA(男性型脱毛症)の治療薬です。
フィナステリドは元々前立腺肥大症の薬として開発されていた成分ですが、副作用として発毛効果が見られたことから、AGAの治療薬としても臨床開発されました。
AGAとは、成人になってから額の生え際や頭頂部の毛髪が薄くなる、男性特有の脱毛症です。
主に、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの一種が、毛髪の成長を妨げる事が原因と考えられています。
AGAの症状がある男性の頭皮には、通常より多くのDHTがあることが確認されています。
このDHTが毛乳頭細胞に結合すると、毛周期の成長期にある毛髪を退行期・休止期に移行させてしまいます。
それによって、毛髪がしっかりと成長する前に抜け落ちて、薄毛になってしまうのです。
DHTは、男性ホルモンのテストステロンが5α-還元酵素によって変換されて生まれます。
プロペシアには、この5α-還元酵素の働きを阻害して弱め、DHTを減少させる作用があります。
それによって成長期が長くなり、毛髪が太く長く成長し、薄毛や抜け毛が改善される事が期待できます。
日本での臨床試験では、1年間で58%、2年間で68%、3年間で78%の薄毛改善効果が認められています。

プロペシアの服用方法

1日1回1錠を、水またはぬるま湯で服用します。
薬の血中濃度を均一にするためにも、また飲み忘れを防ぐためにも、できるだけ毎日同じ時間に服用することが望ましいとされています。
早い方では3か月程度で効果が現れる方もいますが、一般的には6か月以上継続して服用する事が必要です。

プロペシアの副作用

プロペシアの主な副作用としては、性欲減退、陰茎の勃起力が弱くなるなどが報告されています。
また食欲不振、全身倦怠感、皮膚や粘膜が黄色くなる肝機能障害等も報告されています。
プロペシアを服用後にこのような症状が出た場合には、医師や薬剤師に相談するか、医療機関を受診するようにしてください。

プロペシアの注意事項

20歳未満の男性に対しての安全性と有効性が確立されていないため、未成年は服用できません。
また女性には適用していません。
万一、妊娠中や授乳中の女性が服用してしまうと、胎児に影響が出る可能性があるため、十分注意してください。
またフィナステリドは皮膚からも吸収されるため、妊婦の方などは誤って触れる事のないようにしてください。
輸血によって女性にフィナステリドの成分が入ってしまうのを防ぐため、プロペシア服用中は献血はできません。
またフィナステリドは前立腺検査で測定されるPSA値を低下させるため、前立腺検査を受ける方は医師にプロペシアを服用している事を必ず伝えてください。

そしがや薬局【公式】