アシトレチンの効果や通販のご案内

アシトレチン25mg

かさぶた、赤み、発疹などの乾癬を治療するお薬です。皮膚の表面が炎症によって角化を起こしている状態を治療します。国内では、類似した薬効を持つ薬剤として、チガソンカプセル(成分名:エトレチナート)が製造販売されています。

最安値を販売ページでチェック
皮膚トラブル・ステロイドの薬一覧はこちら


アシトレチンはカサブタや皮膚の発赤、および発疹といった「乾癬」の症状を改善させるための医薬品になります。
Neotigason(ないしはSoriatane)のジェネリック薬として、インドの「グレンマーク・ファーマ社」によって製造および販売が行われています。

乾癬に対する治療薬の中では高い安全性が認められているものであり、日本で販売されている「チガソンカプセル」よりも安全性が高いものであるとされています。
個人輸入代行サイトを利用することで、アシトレチンを通販でお取り寄せすることが可能です。

アシトレチンの効果について

アシトレチンは「乾癬」、そして「魚鱗癬」といった、皮膚の表面が角化してしまう「角化症」を治す目的で用いられています。その他にも「掌蹠角化症」や「ダリエー病」、そして「掌蹠膿疱症」などといった、様々な皮膚の症状に治療効果を示す医薬品です。

魚鱗癬というのは細胞に「ケラチン」という物質が沈着した結果、固まってしまう皮膚の症状で、爪や髪に類似したものであるとされています。

アシトレチンの有効成分について

アシトレチンの有効成分は、同じ名称になりますが「アシトレチン」です。たとえば「アシトレチン25mg」であれば、1つのカプセルの中に25mgのアシトレチンが含有されていることとなります。
アシトレチンは経口などにより摂取することによって、皮膚および口の中の粘膜の、硬くなりすぎてしまった部分(角化してしまった部分)の剥離を促し、正常な表皮および粘膜を作りなおすことを可能とします。

アシトレチンの服用方法について

もしもアシトレチンの服用を忘れてしまった場合は、毎日の定められた線量を補おうとしてはいけませんが、可能な限り早く服用することが求められます。しかし、飲み忘れに気付いた時点で、次の服用時間が目前に迫っている場合は、飲み忘れた分は服用しないで下さい。

アシトレチンの副作用について

アシトレチンの主な副作用としては、口唇炎ができる、フケ状の皮膚剥離が発生する、口の中が乾く、皮膚が薄くなる、そう痒が起こる、といったものがあります。アシトレチンを服用する上でこういった症状があった場合は、ただちに医師に相談を行うようにして下さい。

アシトレチンの使用禁忌について

アシトレチンは以下の方に対しては使用を禁じられています。
妊婦の方、もしくは妊娠している可能性がある方、アシトレチンの成分に対して過敏症の既往歴がある方、肝臓の障害のある方、腎臓の障害のある方、現在ビタミンA製剤を投与されている方、「ビタミンA過剰症」を患っている方、などです。
ご注意ください。

そしがや薬局【公式】