アマリールの効果や通販のご案内

アマリール1mg(グリメピリド)

2型糖尿病薬で強力な血糖降下作用を持つグリメピリドです。膵臓に直接働きかけてインスリン分泌を促進させます。日本では「アマリール」という商品名でサノフィ株式会社が製造しており、これは同会社の海外製品版です。

最安値を販売ページでチェック
糖尿病・高血糖値の薬一覧はこちら


アマリール4mg(グリメピリド)

2型糖尿病の治療薬で、膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリン量を増やし、同時にインスリン抵抗を改善することで糖尿病を治療するお薬です。

最安値を販売ページでチェック
糖尿病・高血糖値の薬一覧はこちら


アクトス15mg

2型糖尿病の治療薬は種類が豊富で、様々な作用のお薬があります。その中でも、インスリンの効きが良い体を作ることで血糖値を下げるタイプの治療薬「アクトス」の海外製品版です。アクトスは武田薬品工業で有力な薬剤のひとつで、世界的なシェアを占めています。インスリンに頼らない薬効も魅力のひとつです。

最安値を販売ページでチェック
糖尿病・高血糖値の薬一覧はこちら


アクトス30mg

II型糖尿病の治療薬。インスリン抵抗を改善して血糖値を下げるお薬。

最安値を販売ページでチェック
糖尿病・高血糖値の薬一覧はこちら


アクトス45mg

II型糖尿病の治療薬。インスリン抵抗を改善して血糖値を下げるお薬。

最安値を販売ページでチェック
糖尿病・高血糖値の薬一覧はこちら


アマリールは「2型糖尿病」の治療に用いられる、血糖値を下げる効果のある経口タイプの医薬品です。
主に「膵臓」へと働きかけ、インスリンの分泌を促進する効果があります。
個人輸入代行サイトを利用することで、アマリールを通販でお取り寄せすることが可能です。

アマリールの効果について

アマリールの主な有効成分である「グリメピリド」は、膵臓に存在する「SU受容体」へと作用し、インスリンの分泌を促進します。
糖尿病という症状は、このインスリンが足りていなかったり、活動が弱まっていることによって血糖値が上がり発症します。

グリメピリドは膵臓に存在する「ランゲルハンス島」という細胞の集まりの中にある「β細胞」の中にある「SU受容体」を刺激することによって、インスリンの分泌を促進します。これによって血糖値が上がるのを抑えることができるので、糖尿病を改善し、かつ予防する効果に期待できます。

しかしアマリールはインスリンそのものの代替となる薬ではないので、「1型糖尿病」の改善には使用できない薬となっています。

アマリールの服用方法について

アマリールは通常、主成分として1日につき0.5gから1mgの間で始めて、1日につき1回もしくは2回、朝のみ、もしくは朝夕、食前もしくは食後に飲みます。維持量は通常1日につき1〜4mgで、症状に応じて適宜分量は増減しますが、1日の最大服用量は6mgまでとなっておりますのでご注意ください。

もしもアマリールを飲み忘れた場合は、その分は飛ばして、次の指定のタイミングから服用を再スタートしてください。
飲み忘れたからといって2回分を一度に服用することは絶対にやめてください。

アマリールは医師による指示がない限りは、水もしくは微温湯で、噛み砕かずに服用してください。高所での作業や、車の運転、精密機械の操作など、危険を伴う機器の操作などを行っている時に低血糖が起こると事故を引き起こす恐れがありますので、服用の際には特に注意が必要です。
上記のように血糖が下がりすぎることによって事故のリスクが高まったり、空腹感や脱力感を引き起こす可能性があるので気をつける必要があります。こういった問題には対策があります。それは飴などの「糖分」を携帯しておくことです。

アマリールの副作用について

アマリールは作用機序からも推測できますが、インスリンが過剰分泌されるため「低血糖発作」が起こるリスクがあります。
そのほかにも「体重増加」の副作用が指摘されています。この副作用はアマリールに限らず、「SU剤」に分類される糖尿病の治療薬や、インスリン治療をしている方にも散見されています。

そしがや薬局【公式】