バイアグラの効果について

バイアグラ25mg

ファイザー社が開発したED治療薬バイアグラは、言わずと知れた勃起不全の治療薬です。日本でもクリニックで処方される25mg(シルデナフィル)の用量は、バイアグラを初めて飲まれる方や、副作用が心配な方に最適のお薬です。

最安値を販売ページでチェック
バイアグラ系(シルデナフィル)の薬一覧はこちら


バイアグラ50mg

ED治療薬バイアグラは、医薬品製造販売トップクラスのファイザー社が特許取得かつ製造販売している勃起不全の治療薬です。他の治療薬よりも製造販売している期間が長いため、安全性の高いお薬です。性行為の約1時間前に服用することで勃起を期待できます。

最安値を販売ページでチェック
バイアグラ系(シルデナフィル)の薬一覧はこちら


バイアグラ100mg

バイアグラは世界で最初に発売されたED治療薬で、世界的にもっとも有名で知名度がある薬です。今ではバイアグラのジェネリック医薬品が数多く販売されていますが、信頼感のあるオリジナル先発品を選ぶユーザーは多く、人気が高い医薬品です

最安値を販売ページでチェック
バイアグラ系(シルデナフィル)の薬一覧はこちら


バイアグラ系(シルデナフィル)のお薬一覧

ペニスの中折れ、加齢や生活習慣で硬さが落ちたというような勃起症状を改善、ED治療薬バイアグラと同成分シルデナフィル100mgを配合した日本語パッケージのジェネリックED薬!有効成分を日本では販売されていない100mgの高用量含有しているので、強力な勃起誘発効果を得ることができます。

バイアグラ系(シルデナフィル)の薬一覧はこちら


バイアグラは有効成分「シルデナフィルクエン酸」が含まれた、世界で初めての「勃起不全(ED)の治療薬」です。
1998年にアメリカの製薬会社の「ファイザー社」によって販売が開始され、ここ日本においてもED治療薬として翌年から処方が開始しています。

バイアグラの効果について

男性は、何らかの形で性的な刺激を感知することによって、それによって興奮した大脳からの「命令」が脊椎を通って「勃起中枢」へと伝達します。
それにより、ペニスの細動脈壁から「一酸化窒素」が分泌されて、「環状グアノシン一リン酸」という血管を拡張させるための物質が増えていきます。この環状グアノシン一リン酸の働きによってペニスの周りの血管も拡がって、血液が流れる量も増加します。それによって陰茎海綿体へと血液が流入して、ペニスが屹立します。

勃起が継続し続けることも人体にとっては危険ですので、男性には「勃起を鎮める」ための機能も備わっています。そのための物質が、上記の環状グアノシン一リン酸を阻害する物質である「PDE5」です。勃起不全の症状に陥っている方は、このPDE5が多すぎるために、勃起を長続きさせることができず、たとえ勃起が起こったとしても、すぐに萎えてしまいます。

バイアグラに含まれている有効成分の「シルデナフィル」には、このPDE5の働きを抑える効果があります。これにより、勃起をしやすくなり、かつ、その状態を継続させることが可能となります。

では、上記の作用で得られる効果の作用時間はどれぐらいになるのでしょうか?

バイアグラは飲んでから約1時間程度で効果が現れ、何らかの形で性的な刺激を受けた際に、十分な勃起を得ることができます。
効果の継続時間は、体質などによってある程度の違いはありますが、おおよそ「4〜5時間程度」です。

バイアグラの服用における注意点

バイアグラは食事による影響を受けやすい薬となっています。食後にバイアグラを服用すると、効果が半減してしまいますので、空腹のタイミングで服用するのが望ましいです。
どうしても食後に飲まなければならない場合は、脂の影響を受けやすいため、脂っぽい食事は避けて、食後から2時間以上間隔を空けて飲むようにしましょう。
また、お酒を飲んでいる状態でバイアグラを服用しても問題はありませんが、大量にアルコールを体内に取り込んでしまうと、やはりバイアグラの効果が弱まってしまいますので、バイアグラを服用する前に飲酒する場合は、適量にするように心がけると良いでしょう。

そしがや薬局【公式】