ストロメクトール(イベルメクチン)の通販での購入について

新型コロナ感染症の治療薬候補として注目を浴びたことにより、ストロメクトール(イベルメクチン)を通販で購入しようとお考えの方が急増しているようです。
個人輸入代行を利用することで、ストロメクトール(イベルメクチン)を購入ことは可能です。
しかし、厳密に表現すると個人輸入代行と通販は異なります。

以下より個人輸入代行を利用して、ストロメクトール(イベルメクチン)を購入することが可能です。

2021年6月18日現在:残り在庫わずかです。 お急ぎください。

イベルメクチン6mg(ストロメクトール)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


イベルメクチン3mg(ストロメクトール)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


イベルメクチン12mg(ストロメクトール)

イベルメクチンは、主に疥癬(かいせん)の治療に有効な駆虫薬です。先発薬ストロメクトールと同成分イベルメクチン配合のジェネリック薬で、日本で初めて承認された服用タイプの「疥癬(カイセン)」の治療薬です。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


新型コロナ感染症の治療薬候補として注目を浴びています

有効成分イベルメクチンは新型コロナ感染症治療薬の候補として注目を集めています。
日本国内で新型コロナ感染者の重症化を予防する治療薬としてすでに治験がスタートしているという情報が流れています。

イベルメクチン(ストロメクトールジェネリック)について

イベルメクチン(ストロメクトールジェネリック)は、疥癬(かいせん)治療に用いられている先発薬ストロメクトールと同成分のジェネリック医薬品になります。
疥癬だけでなく、腸管糞線虫症の治療にも用いられているお薬になります。

このお薬の有効成分であるイベルメクチンは、無脊椎動物の神経・筋細胞に作用することで、疥癬(かいせん)の主な原因であるヒゼンダニや線虫を麻痺させることにより、駆虫作用が期待できるお薬です。

また、新型コロナウイルス治療薬の候補として期待されている注目のお薬でもあります。
しかし、重篤な副作用のリスクがあるため、新型コロナウイルス感染症についての治療・予防目的での服用をお考えの方は、自己判断は絶対にせずに必ず医師に相談の上でご検討いただきますようにしてください。

新型コロナウイルスを治療するお薬としての可能性

2020年6月3日の日刊工業新聞によりますと既に世界で18例、新型コロナウイルス感染症に対してこのイベルメクチンを使用した臨床試験を実施されたとのことです。

アメリカになるユタ大学では、新型コロナウイルスの患者の方にイベルメクチンを投与するという臨床試験を実施しており、研究の結果によると被験者の死亡率が低下することがわかりました。

国内においては、北里大学感染制御研究センターが新型コロナウイルスに対する治療薬として、イベルメクチンの研究をリードしている状況のようです。
北里大学ではイベルメクチンの1年以内の承認申請を目指しているようで、今夏にも臨床試験を開始すると公言されています。

そしがや薬局【公式】