イベルメクチンの通販での購入

新型コロナ感染症の治療薬候補として注目を浴びたことにより、イベルメクチンを通販で購入しようとお考えの方が急増しているようです。
個人輸入代行を利用することで、イベルメクチンを購入ことは可能です。
しかし、厳密に表現すると個人輸入代行と通販は異なります。

以下より個人輸入代行を利用して、イベルメクチンを購入することが可能です。


イベルメクチン12mg 100錠(ストロメクトール)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


イベルメクチン12mg 50錠(ストロメクトール)

イベルメクチンは、主に疥癬(かいせん)の治療に有効な駆虫薬です。先発薬ストロメクトールと同成分イベルメクチン配合のジェネリック薬で、日本で初めて承認された服用タイプの「疥癬(カイセン)」の治療薬です。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


イベルメクチン12mg20錠(ストロメクトールジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


イベルメクチン12mg10錠(ストロメクトールジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


イベルメクチン6mg 20錠(ストロメクトールジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


イベルメクチン6mg 50錠(ストロメクトール)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


イベルメクチン6mg 4錠(ストロメクトール)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


イベルメクチン3mg 50錠(ストロメクトール)

ストロメクトールと同成分イベルメクチン配合のジェネリック薬で、日本で初めて承認された服用タイプの「疥癬(カイセン)」の治療薬です。ストロメクトールはカイセン以外に腸管糞線虫症の治療にも用いられます。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


イベルメクチン3mg 2錠(ストロメクトール)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら

イベルメクチンの概要

イベルメクチンは、アメリカをはじめとして、世界中で広く使われている寄生虫を駆除するためのお薬です。
北里大学特別名誉教授である大村智博士が、1974年に静岡県で発見した微生物を元にした化合物です。
北里大学とアメリカの製薬会社メルク社が共同で研究して開発しました。
この薬の功績により、大村教授は2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。
2020年、世界で新型コロナウィルスが猛威を振る中、このイベルメクチンが症状の改善に有効性を示すとされ注目を浴びました。

イベルメクチンの効果

イベルメクチンは寄生虫を駆除する抗寄生虫薬です。
糞線虫症や疥癬の治療に用いられます。
糞線虫は、熱帯や亜熱帯地方に分布する寄生虫の一種で、日本国内では沖縄や奄美諸島に見られます。
人の皮膚を通して体内に入り込み、小腸に寄生して胃腸症状を引き起こします。
イベルメクチンは、糞線虫を麻痺させて死滅させる効果があります。
また、疥癬は疥癬虫が皮膚に寄生して起こる皮膚感染症です。
イベルメクチンを内服する事によって、この疥癬虫を駆除する事が可能です。

新型コロナウィルスに対して使用されたケースでは、世界中で症状が改善したという臨床試験結果が多く報告されているものの、未だ科学的な根拠は不十分とされ、治療薬としては承認されていません。
しかし、日本においては医師の判断で適切な手続きを行った上で、新型コロナウィルスの治療に用いることができるようになっています。

イベルメクチンの服用方法

イベルメクチンは空腹時に水で服用します。
服用量や回数は、症状や体重によって異なります。

イベルメクチンの副作用

イベルメクチンの主な副作用として報告されているのは、吐き気や下痢などの消化器症状や、かゆみ、めまい、肝機能異常、好酸球数増加などです。
イベルメクチン服用後に身体の異常を感じた場合には、医療機関を受診するようにしてください。

そしがや薬局【公式】