トリキュラーの効果について

アンジュと同じ成分・配合の人気の低用量ピル!個人輸入No.1ピルならトリキュラー錠で決まり!婦人科では1シート3000円ですが、12ヶ月で8000円以下で購入できます。月経痛や子宮内膜症の予防にも。

トリキュラー21

最安値を販売ページでチェック
低用量ピル・生理痛のお薬一覧はこちら
 

 

 


トリキュラーの効果について

トリキュラーは経口避妊薬=ピルです。
ピルには含まれる黄体ホルモンの種類ごとに第1世代から第4世代までありますが、トリキュラーはそのうちの第2世代で、含まれる黄体ホルモンは「レボノルゲストレル」です。
また、ピルに含まれる卵胞ホルモンの量で高~超低量ピルに分類されますが、トリキュラーは低用量ピルに属します。
さらにピルには1相性と3相性がありますが、トリキュラーは21日間の間にホルモンの配合比率の違う3種類の錠剤を服用する3相性のピルになります。
トリキュラーを服用し体内に女性ホルモンが入ることで、卵胞の成熟が止まり子宮内膜が厚くなりません。
また、放出された獅子が子宮に入らないようにする働きもあります。
それにより避妊の効果が期待できるお薬です。
トリキュラーはなるべく自然のホルモンバランスに近づけるように作られています。
そのため、より高い避妊効果が得られるとされています。
また女性ホルモンのバランスが整う事から、PMS(月経前症候群)の改善効果も期待できるとされています。

トリキュラーの服用方法

トリキュラーには「トリキュラー21」と「トリキュラー28」があり、それぞれ飲み方が異なります。

トリキュラー21

最初は生理の1日目から飲み始めます。
毎日できるだけ同じ時間に、1日1錠服用します。
赤褐色の錠剤から開始し21日間錠剤を飲み続けたら、7日間休薬します。
飲み初めから28日経過したら、出血の有無にかかわらず29日目から次のシートを再び順番に飲み始めます。

トリキュラー28

トリキュラー28は、飲み忘れを防ぐために偽薬が7日間分含まれています。
最初は生理の1日目から飲み始めます。
毎日できるだけ同じ時間に、1日1錠服用します。
赤褐色の錠剤から開始し28日間錠剤を飲み続けます。
1シート飲み終わったら、出血の有無にかかわらず翌日から次のシートを再び順番に飲み始めます。

トリキュラーの副作用

トリキュラーを服用した方の約5割に副作用が出現したという報告がありますが、ほとんどの場合飲みはじめから1週間程度で症状は消滅するとされています。
副作用の症状としては、吐き気・嘔吐・乳房の張り・頭痛・下腹部痛が主になります。
またごく稀に、重篤な副作用として血栓症が報告されています。

トリキュラーの注意事項

血栓症のリスクを避けるため、喫煙は控えてください。
また、身体が長時間動けないような状態が続くと血栓症のリスクが高まるため、飛行機に乗ったり車中泊などをする場合には、できる限り身体や足を動かし水分を多めに摂取するようにしてください。

そしがや薬局【公式】