アフターピルの効果について

アイピル (アフターピル)

アイピルは世界で広く使用されている緊急避妊薬で、アフターピルと呼ばれています。有効成分である合成黄体ホルモンが受精卵着床を邪魔する働きをするため、性交後72時間以内に服用することで効果を発揮します。

個人輸入代行サイトを利用することで、アイピルを通販でお取り寄せすることが可能です。

最安値を販売ページでチェック
 


アフターピルの効果について

アフターピルとは、避妊に失敗したり性犯罪に巻き込まれたりした際に、緊急的に妊娠を阻止するためのお薬です。
主成分は女性ホルモンである黄体ホルモンです。
アフターピルは排卵を抑制したり遅らせたりすることで受精を防ぐ働きと、子宮内膜の状態を変化させて受精卵の着床を防ぐ働きの2つ働きで、妊娠を防ぐとされています。
性行為のあと、72時間以内にアフターピルを服用する事で、97~98%の確率で妊娠を防ぐ効果が期待できると言われています。
72時間を過ぎてしまっても120時間以内であれば効果がある種類のアフターピルもありますが、時間の経過とともに効果の有効性は下がります。
そのため、該当行為後できるだけ早く服用する事が大切になります。

アフターピルの服用方法

性行為後、72時間または120時間に1錠を1回だけ服用します。

アフターピルの副作用

アフターピルの副作用としては、頭痛や吐き気などの症状の他、月経周期に乱れなどが報告されています。
女性ホルモンを体内に入れるため、生理の多少のずれは心配いりません。
ただし、3週間が経過しても生理が来ない場合には妊娠している可能性もありますので、妊娠検査薬を試してみる事や、場合によっては婦人科を受診するなどの必要があります。

アフターピルの注意事項

現在妊娠の可能性のある方や、不正出血のある方、またホルモン製剤に過敏症状のある方や重篤な肝機能障害のある方は使用できません。
アフターピルは妊娠を防止するお薬ではありますが、その効果は100%ではありません。
確実に妊娠を防ぎたいと考えている場合には、できるだけ他の避妊方法で予防する事をお勧めします。
アフターピル服用後の性交渉に対しての避妊効果はありませんので、妊娠を避けたいのであれば適切な避妊法を行うようにしてください。
アフターピル服用後に生理が来たと思っても、妊娠初期の出血である事も考えられるため、出血量がいつもより極端に少ないと感じた場合には、妊娠検査薬を使用するなどして妊娠の有無を確認するようにしてください。

そしがや薬局【公式】