ケアプロストの効果について

ケアプロスト

美容クリニック定番まつげ育毛剤ラティースやグラッシュビスタの低価格ジェネリック!成分ビマトプロストが市販剤では不可能なまつげ育毛効果を発揮!長く、太く、濃くします。エクステで傷んだ短いまつげは卒業!

最安値を販売ページでチェック
 

ケアプロストの効果について

ケアプロストは元々は緑内障・高眼圧症の治療に用いられていた外用薬(目薬)です。
主成分はビマトプロストで、この成分には眼圧を下げて緑内障における視野の狭窄の悪化を抑制する働きがありますが、使用した方にまつ毛が伸びるという副作用が出たことから、まつ毛貧毛症にも使われるようになりました。
ビマトプロストが毛包細胞を刺激し、まつ毛の毛周期のうち成長期を延長させるため、まつ毛が長く成長します。
また、メラニンの生成を活性させる作用もあるため、まつ毛が濃く太くなる事が期待できます。
ケアプロストを継続して使用する事で、長さが25%、密度が106%、濃さが18%それぞれアップしたというデータがあります。
効果が現れるまでの期間は個人差がありますが、多くの方で使用から2ヵ月目で効果を実感し始め、4ヵ月目には最大効果となるとされています。
効果を継続させるためには、その後もケアプロストの使用を続ける必要があります。
使用を中断すると、数か月で元のまつ毛の状態に戻ると言われています。

ケアプロストの使用方法

ケアプロストは1日1回使用します。
夜、入浴や洗顔後に使用するのが理想的です。
コンタクトレンズを入れている場合には外し、化粧を落とし洗顔します。
洗顔後は普段通りの基礎化粧を行った後、ケアプロストを使用してください。
まつ毛用のブラシや綿棒などにケアプロストを1滴落とし、まつ毛の根元に塗ります。
汚れや細菌などが移るのを避けるため、ブラシや綿棒は片目ずつ新しいものを使うようにしてください。
はみ出した薬液は、ティッシュなどで丁寧にふき取ります。
目の中に入らないようにご注意ください。

ケアプロストの副作用

ケアプロストの副作用としては、色素沈着、充血、目の痒み、痛み、刺激感、眼瞼溝深化(まぶたの窪み)、ドライアイ、角膜障害などが報告されています。
その中でも特に多いのが色素沈着と充血です。
ケアプロストがまつ毛以外の箇所についてしまうと色素沈着を起こしてしまう可能性があるため、もし付いてしまった時にはすぐにふき取るようにすることで避けられます。
色素沈着が起こってしまった場合には、2ヵ月程度ケアプロストの使用を中止すれば、元に戻るとされています。
それ以外にもケアプロストを使用後に目に異常を感じた場合には、使用を中止し眼科を受診するようにしてください。

ケアプロストの注意事項

ケアプロストは1日に2回以上使用しても効果が高くなることはなく、副作用が出やすくなるというデメリットしかありませんので、使用回数は守ってください。
また、無水晶体眼又は眼内レンズ挿入眼の方、眼内炎(虹彩炎、ぶどう膜炎)のある方は使用できません。

そしがや薬局【公式】