ゼネグラの効果や通販のご案内

ゼネグラ100mg(バイアグラジェネリック)

ゼネグラ錠はシルデナフィルクエン酸塩を100mg配合した、ED治療薬バイアグラのジェネリック医薬品です。勃起不全だけではなく、早漏予防にも効果的なゼネグラ錠は、アルケム・ラボラトリーというインドの製薬会社が開発したお薬で、バイアグラからの切替薬としておすすめです。

最安値を販売ページでチェック
ED治療の薬一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、ゼネグラを通販でお取り寄せすることが可能です。

ゼネグラの効果について

ゼネグラは、インドのムンバイに本社を構える医薬品メーカーの「アルケムラボラトリーズ社」が製造販売しているED治療薬で、バイアグラのジェネリック医薬品です。
ゼネグラに含まれる有効成分の「シルデナフィル」には、陰茎海綿体の血管の平滑筋を緩め、海綿体への血流を増やす働きがあり、それにより十分な勃起を促進します。

シルデナフィルはPDE-5阻害薬と呼ばれる種類の成分です。
PDE-5とは、海綿体に多く存在している酵素で、平滑筋を弛緩させる情報伝達物質の「cGMP」を分解する働きを持っています。
PDE-5が活発になりすぎてしまうとcGMPが分解され平滑筋が弛緩しにくくなってしまうため、シルデナフィルでPDE-5の働きを阻害し、海綿体内のcGMP濃度を上昇させて平滑筋を緩め、血流を良くする事で正常な勃起を促す効果が期待できます。

ゼネグラの服用方法

性行為の予定の30分~1時間前を目安に半錠(50mg)服用します。
1錠の100mgでは、日本人には多すぎる量だとされています。
もし50mgで十分な効果を感じられなかった場合には、100mgまで増量する事が可能です。
ただし、65歳以上の方や肝機能障害のある方、また重度の腎障害のある方は4分の1錠(25mg)から開始してください。
1日に服用できるのは1回だけです。
次に服用するまで24時間以上の間隔をあけるようにしてください。
食事の影響を受けるので、食前に服用してください。
グレープフルーツジュースは代謝酵素を阻害するため、一緒に飲まないようにしてください。

ゼネグラの副作用

ゼネグラの副作用としては、次のような症状が報告されています。

  • ほてり
  • 頭痛
  • 発汗
  • めまい
  • 動悸
  • 目の充血
  • 鼻づまり
  • 胃部不快感
  • 胃の重苦感
  • 筋肉痛

ほとんどの場合これらの症状は一時的であり、ゼネグラの効果が切れれば消滅しますが、症状が続く場合や重度な場合には医療機関を受診するようにしてください。

ゼネグラの注意事項

眠気やめまいが起こることがあるので、ゼネグラ使用中は自動車の運転や危険を伴う機械の操作などは控えてください。
心臓血管系の疾患をお持ちの方は、使用前に医師や薬剤師に相談するようにしてください。
ゼネグラは催淫剤や性欲増強剤ではないため、性的刺激ががないのに効果が発現するという事はありませんので安心してください。

そしがや薬局【公式】