タミフルの効果や通販のご案内

タミフル

タミフルはA型とB型のインフルエンザの予防と治療に使用される飲み薬です。スイス・ロシュ社が製造し、中外製薬が日本で販売しています。感染してから48時間以内に服用すれば、症状を和らげることができます。

最安値を販売ページでチェック
 

タミフルジェネリック(エンフルビル)

最安値を販売ページでチェック
 

タミフルジェネリック(オセフル)

最安値を販売ページでチェック
 


タミフルの効果について

タミフルはインフルエンザウィルス感染症の治療に使われるお薬です。
直接ウィルスに作用して抗ウィルス効果を発揮します。
世界で初めて、インフルエンザの治療用に開発された飲み薬になります。
タミフルの主成分はオセルタミビルリン酸塩で、この成分にはインフルエンザウイルスの増殖に欠かせないノイラミニダーゼというの酵素の働きを阻害する作用があります。
それによってウィルスが細胞の外に放出されるのを抑制し、体内でのウィルス増殖を抑える効果があります。

インフルエンザウィルスに感染してしまうと、急激に発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛、関節痛などの症状が現れ、喉の痛みや咳、鼻水鼻詰まりなど風邪のような症状も引き起こします。
一般的に3日から4日程度高熱が続いた後、回復に向かうとされていますが、タミフルを服用する事で、回復までの日数が短くなる効果が期待できます。

またインフルエンザの患者と接した後、2日以内にタミフルを服用し始める事で、インフルエンザ発症の予防効果も期待できます。
予防目的で服用する場合は基本的に自費診療となります。
ただし65歳以上の高齢者の方や、慢性呼吸器疾患又は慢性心疾患患者の方、代謝性疾患患者(糖尿病等や腎機能障害患者の方など、特別な事情のある場合には保険が適用されるケースもあります。

タミフルの服用方法

食事の影響を受けないため、1日2回時間を決めて5日間続けて服用します。
ただし、食後に服用した方が吐き気や食欲不振、下痢や腹痛などの消化器系の副作用症状が起きにくいと考えられているため、食事を摂れるようであれば食後の服用が推奨されます。

タミフルの副作用

タミフルの主な副作用は、吐き気、腹痛、下痢などの胃腸症状です。
ごく稀に出血性大腸炎など出血症状、肝障害や皮膚障害などが報告されているため、異常な出血が見られた場合には医療機関に連絡して医師に相談するようにしてください。

タミフルの注意事項

服用途中で症状が改善したとしても、残ったウィルスで症状が再発する可能性がありますので、必ず5日間続けて服用してください。
タミフル服用との関連性は確認されていませんが、インフルエンザ患者に異常行動が起こる事があります。
突然泣いたり笑ったりする、変な事を言い出す、外に飛び出す、高いところから飛び降りようとするなどの行動が、特に発熱から2日以内に起こる事が多いとされています。
就学後の小児や未成年の男性に多く報告されているので、発熱から少なくとも2日間は保護者は目を離さないようにし、必要であれば転落や飛び出しが起こらないように予防措置を取るようにしてください。

そしがや薬局【公式】