ダラシンの効果や通販のご案内

ダラシンTゲルジェネリック1%

有名な大人のニキビ治療薬「ダラシンTゲル」のジェネリックで、顔のニキビ以外にも、治りにくい「背中のニキビ」も改善するニキビ治療クリーム。

最安値を販売ページでチェック


クリンダマイシンジェル(ダラシンジェネリック)

ニキビ治療薬として有名なダラシンのジェネリック医薬品です。同じ有効成分クリンダマイシンを配合し、顔にできる大人ニキビだけではなく、背中ニキビもしっかり治療します。

最安値を販売ページでチェック


個人輸入代行サイトを利用することで、ダラシンを通販でお取り寄せすることが可能です。

ダラシンの効果について

ダラシンはリンコマイシン系抗生物質で、感染症の原因となるグラム陽性菌(ブドウ球菌、レンサ球菌、肺炎球菌など)に対して殺菌作用効果のあるお薬です。
有効成分として、クリンダマイシン塩酸塩が含まれています。
クリンダマイシン塩酸塩は、ブドウ球菌、レンサ球菌、肺炎球菌などの菌を直接死滅させるのではなく、細菌のタンパク質合成を阻害する事で菌の増殖を抑える作用があります。

主に次のような皮膚感染症、呼吸器感染症、耳鼻科感染症など、広い範囲の感染症の治療に用いられるお薬です。

  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、慢性膿皮症
  • 咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染
  • 涙嚢炎、麦粒腫
  • 外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎
  • 顎骨周辺の蜂巣炎、顎炎
  • 猩紅熱

ダラシンの服用方法

通常成人は、1カプセル(150mg)を6時間ごとに服用します。
重症の感染症の場合には2カプセル(300mg)を8時間ごとに服用します。
小児は、体重1kgに対して15mgを3回~4回に分けて服用します。
重症の感染症の場合には、体重1kgに対して20mgを3回~4回に分けて服用します。
いずれに場合も、年齢や症状によって適宜増減します。

ダラシンの副作用

ダラシンの副作用としては軟便、下痢、腹痛、吐き気、発疹、じん麻疹、むくみ、口内炎、カンジダ症などが報告されています。
気になる症状が続く場合には、医師や薬剤師に相談するようにしてください。
また稀に重い大腸炎が起こることがあります。
ひどい腹痛や下痢が続く場合には、医療機関を受診してください。
特に高齢者や小児、長期に渡って服用を続けている方は注意が必要です。

ダラシンの注意事項

自己判断で服用を中止してしまうと、症状が再発してしまったり治りにくくなってしまう可能性がありますので、指示された期間は飲み続けるようにしてください。
ただし、3日~4日間服用を続けても症状が改善されないか、またはむしろ悪化するような場合は薬が合っていない可能性があるので、早めに医療機関を受診してください。
なお、抗生物質のエリスロマイシンと併用すると、ダラシンの効力は発揮されません。
その他にも飲んでいるお薬がある場合は、ダラシン服用前に医師や薬剤師に伝えるようにしてください。

そしがや薬局【公式】