キャンC通販と効果について

キャンC

アメリカで承認された白内障を治す目薬です。進行すれば失明の恐れがある白内障は、これまで手術以外の治療法がありませんでしたが、キャンCの点眼で進行を止める効果があります。ペットの白内障にも有効です。

最安値を販売ページでチェック
白内障・ 緑内障の薬一覧はこちら


シーナック(白内障点眼薬)

シーナックは2012年にアメリカのFDAで承認された画期的な白内障点眼薬である、キャンCのジェネリック医薬品です。同じ有効成分Nアセテルカルノシン(NAC)が配合されていますが、お値段は据え置きでお求めやすい白内障点眼薬です。

最安値を販売ページでチェック
白内障・ 緑内障の薬一覧はこちら


キャンcは2010年にアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けた、最新型の白内障のお薬です。
人間とペットのいずれの白内障にも使うことができるお薬になります。

以前は白内障は手術による治療以外に選択肢のない症状でしたが、このキャンCは目薬のように目に垂らすことによって症状の進行を抑制することができるという画期的な治療薬となっています。

キャンcの効果について

キャンcに含有されている成分に「N-アセチルカルノシン」というものがあります。一般的には、このカルノシンという物質は、食べ物であったり細胞といった自然界にある物質となっています。カルノシンはエイジングの代表的な現象である酸化であったり糖化という変化を抑制することができます。しかし、この成分は年をとることによって身体の中から減っていってしまいます。それに伴い目に見える形で老化現象が起こり始めます。そのうちの一つが「白内障」なのです。

キャンcには生物の細胞の中にあるカルノシンと同じ働きをもつ「N-アセチルカルノシン」が含有されています。このN-アセチルカルノシンはロシアにおいて長年の研究を重ね生み出した有効性の高い物質となっています。キャンcという形態で点眼することによって目の老化である白内障が進むのを抑制したり、症状自体を改善することを期待できます。

白内障が進行するのをストップさせるための医薬品は、世界中で幅広く用いられていますが、根本的に白内障の治療を期待できる薬は、N-アセチルカルノシンが含まれている点眼薬だけとなっています。

白内障という症状は眼球にある「水晶体」という部分が参加することによって引き起こされますが、Nアセチルカルノシンには眼球の水晶体が酸化するのを抑え、かつ回復させる作用があることが確認されています。

キャンcの使用方法について

キャンcを白内障を「治す」という目的で用いる場合は、使い始めてから6か月の間は1日につき2回、朝と夕方のタイミングで使用してください。そして7か月を過ぎてからは、1日につき1回、毎回同じタイミングで使用するようにしてください(タイミングはご自身にとって都合の良い時間帯を選択してください)。

キャンcを白内障を「予防する」という目的で用いる場合は、1日につき1回、毎回同じタイミングで使用するようにしてください(タイミングはご自身にとって都合の良い時間帯を選択してください)。

キャンcを1回に垂らす量は2的ですが、1滴用いた後は、5分〜10分空けてから2滴目を用いるようにしてください。

そしがや薬局【公式】