ツルバダ配合錠の効果や通販のご案内

ツルバダ錠ジェネリック(テンビルEM)

HIVの予防薬としても注目ツルバダのジェネリック!PrEP(曝露前予防内服)とは、性交渉する前にツルバダを内服し、HIV感染のリスクを99%軽減するHIVの予防方法です。

最安値を販売ページでチェック
HIV・エイズウイルスの薬一覧はこちら

ツルバダ錠ジェネリック300mg

HIVの予防薬としても注目ツルバダのジェネリック!PrEP(曝露前予防内服)とは、性交渉する前にツルバダを内服し、HIV感染のリスクを99%軽減するHIVの予防方法です。

最安値を販売ページでチェック
HIV・エイズウイルスの薬一覧はこちら

個人輸入代行サイトを利用することで、ツルバダ配合錠を通販でお取り寄せすることが可能です。

ツルバダの効果について

ツルバダは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の増殖を抑えるお薬です。
アメリカに本社があるギリアド・サイエンシズ株式会社が開発し販売しています。
ツルバダを服用し続ける事によって、HIVの活動を抑制するものであり、短期間の服用でHIV感染症を治療するものではありません。

HIVはリンパ球などに感染し、免疫系を少しずつ破壊していく事でHIV感染症を引き起こさせます。
標的となる人の細胞に侵入したら、ウィルス自身の遺伝子を逆転写酵素でDNAに変換して宿主の染色体に組み込む事によって感染させます。
ツルバダは、この逆転写酵素の働きを抑えて、遺伝子の複製ができないようにします。
それによりウィルスの増殖が抑制される効果が期待できるお薬です。

HIV感染症の治療では、一般的に複数のお薬を併用してARTと呼ばれる強力な多剤併用療法が行われます。
ツルバダはその中で「バックボーン」と呼ばれる薬です。
バックボーンは、「キードラッグ」というHIVを抑制する効果がより強い薬と組み合わせ、HIV感染症の治療に用いられます。

ツルバダ配合錠の服用方法

通常、成人は1日1回1錠、水またはぬるま湯で服用します。
食事の影響は受けないので、自分が飲みやすい時間帯に、毎日時間を決めて飲むようにしてください。
必ず他の抗HIV薬と併用します。

ツルバダの副作用

ツルバダの副作用として、比較的多く報告されているのが吐き気や嘔吐、下痢や腹痛などの胃腸症状です。
その他、頭痛、めまい、不眠や異常な夢を見るなどの精神・神経系の副作用がみられる事もあります。

副作用の程度が軽い場合には治療を優先する事になりますが、気になる症状が続く場合には主治医に相談してください。
また稀に重い副作用として腎不全などの腎機能障害が起こる事があります。
その他にも膵炎や乳酸アシドーシス、肝腫大等、様々な副作用が起こる可能性がありますので、身体に異変を感じた場合には速やかに医療機関を受診するようにしてください。

ツルバダの注意事項

毎日決まった時間に服用する事は、薬の血中濃度を一定に保ちウィルスが増殖する隙を与えないために重要な事となりますので、飲み忘れなどのないように十分注意してください。
もしも飲み忘れてしまった場合には、気付いた時にすぐに服用して、翌日は通常の飲み時間に戻してください。
ただし、次の服用時間が近い場合には1回抜かし、次の服用時間に1回分を飲んでください。
2回分をまとめて飲むことはしないでください。


そしがや薬局【公式】