トレティバ通販や効果のご案内

トレティバ(アキュテインジェネリック)10mg

重症性や難事性とされるニキビの治療にも大きな効果があり、抗生物質以外で一番の作用をもたらすことも明らかになっています!

最安値を販売ページでチェック
ニキビの薬一覧はこちら


トレティバ(アキュテインジェネリック)20mg

ビタミンA誘導体である合成レチノイドという成分の内服薬で、市販のにきびクリームでは治らない、いわゆる「大人のにきび」重度のニキビの治療薬です。

最安値を販売ページでチェック
ニキビの薬一覧はこちら


トレティバ(アキュテインジェネリック)40mg

トレティヴァは、重症のニキビの治療薬として米国でよく使われているアキィテインと同じ成分であるイソトレチノインを含有しているジェネリック医薬品です。ビタミンA誘導体が主成分ですので、決められた容量を服用してください。

最安値を販売ページでチェック
ニキビの薬一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、トレティバを通販でお取り寄せすることが可能です。

トレティバの効果について

トレティバは、主成分としてビタミンA誘導体のイソトレチノインを含む、主に難治性の重症にきびを治療するための内服薬です。
ロッシェ社が製造販売したアキュティンのジェネリック医薬品になります。
イソトレチノインは、にきびの原因となる皮脂を分泌する皮脂腺を小さくして、皮脂の分泌量を減らす効果があります。

また、皮膚の角質化を抑制し、毛穴のつまりを防ぐ効果もあります。
ロッシェ社による調査によると、20週間内服する事で85%の患者に重症ニキビの症状の改善効果が見られたという事です。
抗生物質以外でニキビ治療に効果がある唯一の薬と言われています。

ただし、にきびの症状が軽度から中程度までの方は、まずはビタミンA誘導体を含んだ外用薬が第一選択となります。
外用薬には、副作用が起きにくいというメリットがあるからです。

トレティバの服用方法

トレティバは、イソトレチノインとして体重1kgあたり0.5gを毎日服用します。
例えば体重が60kgの方が1日に服用する量は300mgです。

副作用が起こらなければ、服用量は0.5g~1.0gまでの間で調整できます。

治療の期間は、通常16~24週間で1コースとなります。
ほとんどの方はそれで治療が完了しますが、再発した場合には延長できます。

ただし1コースが終了してから8週間は服用を休止してください。

トレティバの副作用

トレティバの副作用としては、主に骨や関節の痛み、鼻血、皮膚のかゆみ・乾燥・炎症・発赤・腫脹、吐き気、嘔吐、胃の痛み、下痢、筋力低下、うつ傾向と精神への影響等が報告されています。
これらの副作用が出た場合には、速やかに医療機関を受診するようにしてください。
また、肝炎の発症にも関連があるという報告もあります。

トレティバの注意事項

胎児の奇形、流産、死産、早産の原因となる催奇形性が報告されています。
そのため、服用前1か月~服用中、服用後6か月は避妊の必要があります。

また授乳中の方も服用しないでください。
服用中は献血もしないようにしてください。
重篤な副作用の危険性があるため、テトラサイクリン系抗生物質との併用は禁忌となっています。

また、ビタミンAを含むサプリメントとも併用は避けてください。
体内に基準値以上のビタミンAがある方も服用できません。
15歳未満の方や、成長期でまだ身長が伸びている方は服用しないようにしてください。
服用中は献血もしないようにしてください。


そしがや薬局【公式】