バスパー通販や効果のご案内

(バスピン)バスパージェネリック5mg

全般性不安障害の治療に有効な成分である塩酸ブスピロンを5㎎配合した、安価なジェネリック医薬品です。先発薬としてバスパーがあります。非ベンゾジアゼピン系に分類され、脳内のセロトニン濃度を上昇させる作用があります。

最安値を販売ページでチェック

(バスピン)バスパージェネリック10mg

デパスの代替薬としても使われる抗不安薬バスパーのジェネリック!全般性の不安障害や、眠れないという睡眠障害の緩和、パニック障害などにも。ストレスや不安で睡眠障害の方にも。

最安値を販売ページでチェック

(バスピサバ)バスパージェネリック5mg

興奮をしずめ、緊張や不安などを取り除くお薬です。ゆううつな気持ちや不安などのこころの症状と、食欲不振や眠れないなどの体の症状を改善するはたらきがあります。

最安値を販売ページでチェック

(バスピサバ)バスパージェネリック10mg

気持ちを落ち着かせ、緊張や不安などを取り除くはたらきのあるお薬です。不安や緊張などの精神の不安定な状態をおさえるだけでなく、寝つきをよくするはたらきもあります。

最安値を販売ページでチェック

(バスピロン)バスパージェネリック5mg

インドのデバ社が販売するバスピロンは、抗不安薬として有名なバスパーのジェネリック医薬品です。特に不安障害やパニック障害に効果的とされており、有効成分である塩酸ブスピロンがドーパミンを増加させます。

最安値を販売ページでチェック


メンタルケア・睡眠のお薬一覧はこちら

個人輸入代行サイトを利用することで、バスパーを通販でお取り寄せすることが可能です。

バスパーの概要

バスパーは、有効成分としてブスピロンを含む抗不安薬で、抗うつ薬としても使われるセロトニン5-HT1A受容体部分作動薬に分類されるお薬です。
人はストレスなど心理的刺激を受けると、脳の視床下部の機能が乱れます。
特に感情などに影響を与える物質である脳内の神経伝達物質「セロトニン」が過剰に放出すると、不安を感じやすくなります。
バスパーの有効成分ブスピロンは、セロトニンの放出を抑える5-HT1Aという受容体に作用して、セロトニンが過剰に放出されるのを抑制します。

バスパーの効果について

バスパーは抗不安や抗うつの効果が期待できるお薬です。
脳内の神経伝達物質セロトニンを安定化させ、ドーパミンやアドレナリンといった気分を高揚させる神経伝達物質を増強し、不安や心配を軽減する効果があります。
また、気持ちがリラックスする事によって、不安で寝付けないというような入眠障害を改善する効果も期待できます。
日常生活上のストレスに伴う緊張や不安は、通常お薬で治療する必要はありませんが、1か月以上不安な気持ちが続くようであれば、バスパーの服用を検討してください。
穏やかな作用で安全性の高いお薬で、依存性などにはなりにくいと考えられています。
一般的に、服用を始めてから1~2週間で効果が現れるとされています。

バスパーの服用方法

通常成人は1回7.5mgを1日2回、または1回5.0mgを1日3回服用します。
症状や副作用の様子を見ながら2~3日ごとに1日5mgずつ増量する事が可能です。
最高で1日20~60mgまで服用ができますが、1日15~30mgが一般的な服用量となっています。
睡眠障害に対して使用する場合には、就寝の前に服用してください。
食事と同時や食直後に服用すると、作用が弱まる事があるので避けてください。
また飲酒は、副作用が強く出る危険性がありますので控えてください。

バスパーの副作用

バスパーには、めまい、眠気、不眠症、神経質、興奮、怒り、混乱、抑うつ、睡眠障害、発疹、発汗、倦怠感、頻脈/動悸、口渇、下痢、便秘、鼻づまり、のどの痛み、筋肉痛、視界のぼやけ、疲労感、脱力感、耳鳴り、集中力低下、しびれ、頭痛、手足のふるえなど、様々な副作用が報告されています。
これらの症状は通常身体が薬に慣れていくに従って、消滅する事がほとんどです。
そのため軽度であればそのまま服用を継続しても問題はありませんが、強い症状が続くような場合には服用を中止して、医師や薬剤師に相談するようにしてください。
また稀に胸の痛みや息切れ、ふらつき感などの副作用が起きる事がありますので、その時は速やかに医療機関を受診してください。


そしがや薬局【公式】