パロキセチン通販や効果のご案内

パロキセチン20mg(パキシルジェネリック)

パロキセチンはイギリスの製薬会社であるアルムス社が開発した抗うつ薬です。日本でも2000年に承認されたパロキセチンと同成分を同一量配合した、ジェネリック医薬品です。パロキセチンは心のサプリメントとして定評があり、抗不安効果が強く幅広い不安障害に適応があります。

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら

ペクセップ12.5mg(パキシルジェネリック)

抗うつ作用や抗不安作用を有し、こころや体の症状を改善させるはたらきのあるお薬です。うつ病・うつ状態やパニック障害のほか、強迫性障害や社会不安障害、外傷後ストレス障害などのさまざまな疾患に対して使用されます。

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら

ペクセップ20mg(パキシルジェネリック)

ペクセップは国内で抗うつ薬として処方されている、パキシルのジェネリック医薬品です。第三世代の抗うつ薬に分類され、有効成分パロキセチンを20mg配合しています。意欲を高める作用以外に、PMS(月経前症候群)や摂食障害にも効果が期待されます。

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら

ペクセップ30mg(パキシルジェネリック)

SSRI第3世代抗うつ剤パキシルのジェネリック!病院でも処方されやすい抗うつ薬

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、パロキセチンを通販でお取り寄せすることが可能です。

パロキセチンの概要

パロキセチンは主成分にパロキセチン塩酸塩水和物を含有するお薬で、通常うつ病、うつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害の治療に使われます。
日本国内で2番目のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害)です。
セロトニン系の神経にのみ、選択的に作用するのが特徴です。
セロトニンは幸福感や安心感に大きく関与する神経伝達物質で、セロトニンの濃度が低下すると不安感が高まったり、気分が落ち込みやすくなると言われています。
うつ病の患者の方は、セロトニンの濃度が低下されているケースが多く報告されているため、うつ病の発症にはセロトニン不足が影響を与えていると考えられています。
パロキセチンは第三世代の抗うつ薬で、同系統のお薬の中でも特にセロトニンの再取り込み阻害作用が強いとされています。
1日1回の服用で済むことも大変便利です。

パロキセチンの効果について

パロキセチンの服用によって効果が期待できるのは、うつ病やうつ状態の他、主に次のような症状です。

  • パニック障害 … 突然強い不安感を襲ってきて、激しい動悸やめまい、呼吸困難などの発作が引き起こされます。
  • 強迫性障害 … 特定の強迫観念にとらわれてしまい、同じ行動を何度も確認しないと不安を感じてしまいます。
  • 社会不安障害 … 対人関係などに強い不安感を感じてしまいます。
  • 外傷後ストレス障害 … 心理的に大きなショックを受けた後、しばらくたってからその恐怖がフラッシュバックしてしまいます。

パロキセチンはこれらの症状を改善する効果が期待できるお薬です。

パロキセチンの服用方法

パロキセチンは、症状によって服用方法が異なります。

うつ病の場合

1日1回、夕食後20~40mgを服用してください。
1日の最大服用量は40mgまでですが、最初は1日10~20mgから始め、1週間以上の間隔をあけて10mgずつ増量して行くようにしてください。

パニック障害の場合

1日1回、夕食後30mgを服用してください。
1日の最大服用量は30mgまでですが、最初は1日10mgから始め、1週間以上の間隔をあけて10mgずつ増量して行くようにしてください。

強迫性障害の場合

1日1回、夕食後40mgを服用してください。
1日の最大服用量は50mgまでですが、最初は1日20mgから始め、1週間以上の間隔をあけて10mgずつ増量して行くようにしてください。

社会不安障害・外傷後ストレス障害の場合

1日1回、夕食後20mgを服用してください。
1日の最大服用量は40mgまでですが、最初は1日10~20mgから始め、1週間以上の間隔をあけて10mgずつ増量して行くようにしてください。

パロキセチンの副作用

パロキセチンの副作用としては、主に次のような症状が報告されています。

  • 眠気、全身倦怠感、めまい
  • 悪心、嘔吐、便秘、消化不良
  • 発疹、皮膚の痒み
  • 頭痛、手の震え
  • 性機能障害

またこの他にも重大な副作用が稀に起こる事があります。
パロキセチンを服用して身体の異常を感じた場合には、服用を中止し医療機関を受診してください。

パロキセチンの注意事項

眠気やめまいを感じる事があるので、自動車の運転や危険を伴う機械の操作、また高所での作業には十分注意してください。


そしがや薬局【公式】