ビーファット通販や効果のご案内

ビーファット(ゼニカルジェネリック)

ビーファットは米国のFDAで認可された肥満治療薬であるゼニカルのジェネリック医薬品です。インドの製薬会社であるインタスファーマ(Intas Pharma)が製造販売しています。

最安値を販売ページでチェック


個人輸入代行サイトを利用することで、ビーファットを通販でお取り寄せすることが可能です。

ビーファットの概要

ビーファットは、インドに本社を置くインスタファーマ社が製造販売しているお薬で、肥満治療薬として有名なゼニカルのジェネリック医薬品です。
ビーファットに含まれる有効成分「オルリスタット」には、食事で摂った脂肪の吸収を阻害し、便とともに体外に排出する作用があるため、食事制限をせずに脂肪の摂取量を減らすことでダイエット効果が期待できるお薬です。
特に痩せたいが食事制限ができない方や、脂っこい食べ物が好きな方、食べすぎが原因で太りがちな方に適しています。

ビーファットの効果について

ビーファットを服用すると、消化酵素のリパーゼ活性が阻害されます。
それによって摂取した食事に含まれていた脂肪が消化管から吸収されるのを約30%抑制し、そのまま体外に排出させる事で、減量効果が期待できます。
主にBMIが30以上の肥満体型の方や、BMIが28以上で高血圧や糖尿病、脂質異常症などの危険因子がある方の、肥満改善に使用されます。

BMI値の計算方法

BMIの値は、次の計算式で求められます。
身長はcmではなくmで計算してください。例えば170cmの場合は1.7です。

  • 体重(kg)÷ 身長(m) × 身長(m)

ビーファットの服用方法

ビーファットは、食事の前か食事中、また食後1時間以内に1カプセル(オルリスタットとして120mg)を、水またはぬるま湯で服用します。
食後1時間以上が経過してから飲んでも効果は期待できません。
最大量で1日3回までですが、食事を摂らなかった時や脂肪分の少ない食事内容だった場合は服用の必要はありません。

ビーファットの副作用

ビーファットの主な副作用として、腹部膨満感、軟便~下痢、油性便、おならの増加、便の量の増加、腹痛、大便失禁などが報告されています。
これらの症状の多くは、ビーファットによってカットされた脂肪分が原因となっています。
通常ビーファットを服用してから24~48時間で、吸収されなかった脂肪分が便とともに排出されます。
その際にこのような症状が引き起こされる可能性がありますので、あらかじめ予測しておきましょう。
これ以外にも、ビーファットを服用して身体に異常を感じた場合には、医師や薬剤師に相談するか、医療機関を受診するようにしてください。

ビーファットの注意事項

ビーファットの服用により、脂溶性ビタミンであるビタミンA・D・E・Kの吸収が抑制されビタミン欠乏症を引き起こす可能性があるため、マルチビタミンなどのサプリメントで補充する事が推奨されています。
また、飲み合わせに注意が必要な薬がありますので、他の病気の治療などで服薬中の方は、ビーファットを使う前に医師や薬剤師に相談するようにしてください。


そしがや薬局【公式】