ビリトラ通販や効果のご案内

ビリトラ10mg(レビトラジェネリック)

ED(勃起不全)治療薬レビトラと同じ成分量のジェネリック医薬品です。食事の影響を受けにくく、バイアグラより即効性があることが特徴です。

最安値を販売ページでチェック
ED治療の薬一覧はこちら

ビリトラ20mg(レビトラジェネリック)

ビリトラ(タダラフィル20mg含有)は人気が高いED治療薬であるレビトラのジェネリック医薬品です。レビトラのセールスポイントは食事の影響を受けにくく、効き目が早く出るので直前に服用しても大丈夫。すぐ飲んですぐ効くタイプのED治療薬です。

最安値を販売ページでチェック
ED治療の薬一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、ビリトラを通販でお取り寄せすることが可能です。

ビリトラの概要

ビリトラはED治療薬として有名なレビトラのジェネリック医薬品として、インドに本社があるセンチュリオン ラボラトリー社が製造販売しているお薬です。
ビリトラの主成分であるバルデナフィルは、世界で初めてED治療薬として発売されたバイアグラの欠点である、効果の発現までに時間がかかる事や、食事の影響を受けやすいといった点を補うように開発された成分です。
そのため、ビリトラは服用してからおよそ15分程度で効果が実感できるとされています。
また、特に脂肪分が多くない標準的な食事内容であれば、食前や食後など問わずに服用が可能になっています。

ビリトラの効果について

ビリトラの主成分であるバルデナフィルは、PDE-5(ホスホジエステラーゼ-5)阻害薬と呼ばれる種類の成分です。
PDE-5は陰茎海綿体内に多く存在する酵素で、勃起を持続させるのに必要なcGMP(環状グアノシン一リン酸)というタンパクを分解してしまうという作用があります。
PDE-5阻害薬は、PDE-5の作用を阻害することで、陰茎海綿体内のcGMP濃度を高め、陰茎海綿体の血管平滑筋の弛緩を促し、海面体内に大量の血液を流入させる結果、勃起状態を促進し維持させます。
それにより、EDの症状を改善する効果が期待できるとされています。

心理的な要因による心因性のEDと、神経や血管など身体に原因のある器質性ED、そしてその両方に原因があるとされる混合型ED、すべてのタイプのEDの改善に効果があると考えられています。
ビリトラを服用して性的刺激が加わる事によって、効果が発現します。

ビリトラの服用方法

1日1回10mgを、性行為の予定の15分~1時間程度前に服用します。
服用後45分~1時間で効果がピークに達するとされており、その後4~5時間継続します。
10mgで十分な効果が得られない場合には、20mgまで増量が可能ですが、その際は副作用の発現を見極めながら、慎重に行ってください。
1回服用したら次に服用するまでは、24時間以上の間隔をあけてください。

ビリトラの副作用

ビリトラの主な副作用としては、頭痛、鼻詰まり、ほてり、心機能亢進、消化不良、めまいなどが報告されています。
多くの場合、これらはビリトラの血管を拡張する作用によって引き起こされているため、ビリトラの効果が切れれば消滅する事がほとんどです。
ただし、身体の異常が継続する場合には医師や薬剤師に相談するか、医療機関を受診するようにしてください。
また一過性の視覚異常が起こる可能性もあります。
万が一急激な視力低下が現れた場合には、速やかに眼科専門医を受診してください。
さらにごく稀に、陰茎組織損傷、勃起機能の喪失の危険性がある「プリアピズム」という症状が確認されています。
もし4時間以上痛みを伴う勃起が続くような場合は、速やかに医師の診察を受けてください。


そしがや薬局【公式】