セレブレックスの効果や通販のご案内

セレブレックス100mg(セレコキシブ)

セレコキシブ配合の消炎・鎮静剤で、腰痛、関節リウマチ、変形性関節炎、腱鞘炎などに。国内ではセレコックスの薬名でファイザー、アステラス製薬が販売する有名な鎮痛薬!

最安値を販売ページでチェック
腰痛・関節痛・疼痛の薬一覧はこちら

セレブレックス200mg

セレコキシブ配合の消炎・鎮静剤で、腰痛、関節リウマチ、変形性関節炎、腱鞘炎などに。国内ではセレコックスの薬名でファイザー、アステラス製薬が販売する有名な鎮痛薬!

最安値を販売ページでチェック
腰痛・関節痛・疼痛の薬一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、セレブレックスを通販でお取り寄せすることが可能です。

セレブレックスの効果について

セレブレックスはアメリカのファイザー社が製造販売しているお薬です。
有効成分としてセレコキシブを含む、非ステロイド系の消炎・鎮痛剤になります。
外傷や手術などの急性の痛みだけでなく、関節リウマチや腰痛症などの慢性的な痛みにも効果が期待できるお薬です。
セレブレックスの有効成分セレコキシブは、炎症の際に増加するCOX‐2を選択的に阻害し、COX‐2由来のプロスタグランジンの合成をおさえることによって炎症や痛みを抑える作用があると考えられています。
一般的に次のような症状の消炎・鎮痛効果を期待して用いられています。

  • 関節リウマチ
  • 変形性関節症
  • 腰痛症
  • 肩関節周囲炎
  • 頸肩腕症候群
  • 腱・腱鞘炎
  • 手術後、外傷後、抜歯後の消炎・鎮痛

セレブレックスの服用方法

関節リュウマチの場合は、セレコキシブとして1回100mg~200mgを、1日朝晩の2回食後に服用します。
変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱・腱鞘炎などでは、1回100mgを1日朝晩の2回食後に服用します。
手術後、外傷後、抜歯後の消炎・鎮痛に使う場合には、初回のみ400mg服用できます。
2回目からは1回200mgを1日2回服用してください。
いずれの場合も、次の服用までは6時間以上あけるようにしてください。

セレブレックスの副作用

セレブレックスの主な副作用としては、腹痛、口内炎、下痢、吐き気、発疹などが報告されています。
このような症状が出た場合には服用を中止し、症状が続く場合には医師や薬剤師に相談するようにしてください。
また、ごく稀にアナフィラキシー症状やショック症状、急性腎障害、間質性肺炎など重篤な副作用が起こる可能性があります。
さらに一部の研究で、致命的な心血管系の障害が起こる可能性もあると報告されているため、身体に大きな異変を感じた場合には、速やかに医療機関を受診するようにしてください。

セレブレックスの注意事項

めまいや眠気等があらわれることがあるので、自動車の運転や危険を伴う機械の操作には十分にご注意ください。
一部のお薬でセレブレックスとの併用に注意が必要なため、他にお薬を飲んでいる方は医師や薬剤師に相談してから使うようにしてください。

そしがや薬局【公式】