プリリジーの効果や通販のご案内

プリリジージェネリック(デュララスト30mg)

有効成分ダポキセチン配合の世界初の錠剤型早漏治療薬として認可された「プリリジー」と同成分の安価なジェネリック商品です。

最安値を販売ページでチェック
早漏防止薬一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、プリリジーを通販でお取り寄せすることが可能です。

プリリジーの概要

プリリジーは、イタリアのMenarini(メナリーニ)社が製造販売している、早漏治療薬です。
元々はうつ病のお薬として開発されていた成分が、射精の時間に影響するという事がわかり、世界で初めて早漏治療の内服薬として開発されたという歴史を持ちます。

早漏の原因のひとつとして、脳の神経伝達物質でありセロトニンの不足と、アドレナリンの過剰分泌があると考られています。
プリリジーの主成分であるダポキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)です。
脳内に放出されたセロトニンが再び神経線維に吸収されるのを防ぎ、セロトニンで性的興奮を抑え、ノルアドレナリンの過剰分泌を抑える事で、交感神経の亢進を抑制し、意図しないタイミングで射精が起こってしまうのを防ぐ効果が期待できるお薬です。
一般的に効果は3~5時間程度持続するとされています。

プリリジーの服用方法

性行為の予定の1~3時間程度前に服用してください。
食事の影響は受けないので、食前食後は問わず服用できます。
主成分ダポキセチンとして、1日に最大量で60mgまで服用できます。
ただし、初めてダポキセチンを含むお薬を飲むという方は、30mgから開始するようにしてください。
1回服用したら、次の飲むまでは24時間以上の間隔をあけてください。
グレープフルーツ(ジュースを含む)は、薬の分解を妨げて効果や副作用が強く出てしまう危険があるので、一緒に摂取しないようにしてください。

プリリジーの副作用

プリリジーの主な副作用としては、頭痛、口の渇き、めまい、吐き気、頭痛、下痢、不眠症などが報告されています。
これらの症状以外にも、プリリジーを飲んで身体の異常が現れた場合には、医療機関を受診するようにしてください。

プリリジーの注意事項

アルコールと併用すると副作用が強く出る可能性があるので、プリリジー服用中の飲酒は避けてください。
副作用としてめまいやふらつきが起きる可能性があるため、自動車の運転や危険を伴う機械の操作、また高い所での作用には十分な注意が必要です。
過去にダポキセチンを含むお薬でアレルギー症状を起こしたことがある方や、18歳未満の方、65歳以上の方は使用できません。
また、血圧を下げる作用があるため、心疾患がある方は使用をお控えください。

躁病の方や重度のうつ病の既往がある方や、2週間以内にノアミン酸化酵素阻害剤、チオリダジン、セロトニン再取り込み阻害剤や、セロトニン作用を有する薬草などを使用している方、またCYP3A4阻害剤を使用している方、中等度以上の肝機能機能障害の方はプリリジーは服用できません。


そしがや薬局【公式】