プレマリンの副作用や通販のご案内

プレマリン0.3mg(84錠)

最も有名な女性ホルモン剤プレマリンで更年期障害の改善に

最安値を販売ページでチェック
ピル・ホルモン剤一覧はこちら

プレマリン0.625mg(28錠)

最も有名なホルモン剤プレマリン!更年期障害やMTFさんの女性らしさ維持に。

最安値を販売ページでチェック
ピル・ホルモン剤一覧はこちら

プレマリン0.625mg(84錠)

最も有名なホルモン剤プレマリン!更年期障害やMTFさんの女性らしさ維持に。

最安値を販売ページでチェック
ピル・ホルモン剤一覧はこちら

プレマリン1.25mg(84錠)

最も有名なホルモン剤!更年期障害のホルモン補充療や性同一障害の方の女性らしさ維持に。

最安値を販売ページでチェック
ピル・ホルモン剤一覧はこちら

プレマリン膣クリーム

女性の更年期による膣の潤い不足や性交痛などホルモン不足を補うクリームなら

最安値を販売ページでチェック
ピル・ホルモン剤一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、プレマリンを通販でお取り寄せすることが可能です。

プレマリンの概要

プレマリンは、女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)を補うためのお薬で、アメリカの製薬会社ファイザー社が製造販売しています。
含まれる有効成分は結合型エストロゲンです。
この成分は天然に存在する女性ホルモンでありながら、強力なエストロゲン活性効果があるのが特徴です。
主に、更年期障害や、卵巣機能不全、卵巣欠落症状、機能性子宮出血、老人性または小児及び非特異性の膣炎などの治療に用いられます。

プレマリンの効果について

女性の閉経前後に起きる、更年期障害による次のような症状の改善効果が期待できます。

  • ほてり・のぼせ・発汗
  • 冷え
  • 動悸
  • 頭痛
  • めまい
  • 肩こり・腰痛
  • 不眠
  • イライラ

またこれらの症状の他にも、卵巣機能不全、卵巣欠落症状による症状の改善や、月経不順・無月経の改善、ホルモンバランスが崩れる事から起こる機能性子宮出血の改善、老人性または小児及び非特異性の膣炎の症状改善、月経リズムの回復、骨粗しょう症予防などの効果が期待できます。

プレマリンの服用方法

更年期障害や卵巣機能不全症、または卵巣欠落症状に用いる場合には、1日1回0.625mg~1.25mgを服用します。
機能性子宮出血や膣炎に用いる場合は、1日1回0.625mg~3.75mgを服用します。
いずれも、、水またはぬるま湯で服用してください。
食前食後は問いませんが、できるだけ毎日同じ時間に服用する事で、体内の卵胞ホルモンの量が一定に保たれます。
飲み忘れに気が付いた場合には、その時点で1回分を服用してください。
2回分をまとめて飲むことはしないでください。

プレマリンの副作用

プレマリンの副作用としては、乳房の張り・乳房の痛み・吐き気・嘔吐・性器出血などが報告されています。
これらの症状は、ホルモンバランスの変化によって起こっていると考えられますので、身体が慣れれば軽快する事がほとんどです。
気になる症状が続く場合には、医師や薬剤師に相談するようにしてください。
ただし、四肢の痛み、腫れ、しびれ、息切れ、息苦しさ、急激な視力低下、眼球の痛み、頭痛などが起こった場合は、血栓症の初期症状である可能性があるため、速やかに医師の診察を受けてください。

プレマリンの注意事項

喫煙は血栓症や心血管系の障害が発生しやすくなるリスクがあるため、プレマリンを服用する際には禁煙するようにしてください。


そしがや薬局【公式】