ミノマイシンの効果や通販のご案内

ミノマイシン(96カプセル)

ミノマイシンはミノサイクリン塩酸塩を主成分とするテトラサイクリン系の抗生物質です。細菌のたんぱく合成を阻害することで抗菌作用を発揮し、グラム陽性菌・陰性菌、クラミジア、リケッチア等幅広い感染症に効果があります。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質一覧はこちら


ミノマイシン(4カプセル)

ミノマイシンはミノサイクリン塩酸塩を主成分とするテトラサイクリン系の抗生物質です。細菌のたんぱく合成を阻害することで抗菌作用を発揮し、グラム陽性菌・陰性菌、淋菌、リケッチア等幅広い感染症に効果があります。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、ミノマイシンを通販でお取り寄せすることが可能です。

ミノマイシンの概要

ミノマイシンは、有効成分としてミノサイクリン塩酸塩が含まれている、テトラサイクリン系の抗生物質です。
テトラサイクリン系の抗生物質は、ペニシリン系およびセフェム系抗生物質が効かないマイコプラズマやクラミジア、リケッチア、さらには細菌以外のマラリア原虫にも効果が期待できるとされています。

通常、皮膚科、呼吸器、耳鼻科、泌尿生殖器、歯科領域など広い範囲で用いられるお薬です。
蛋白合成の初期段階を阻害することによって抗菌作用を発揮することから、蛋白合成阻害薬に分類されます。

ミノマイシンの効果について

ミノマイシンは、細菌が原因の様々な病気の改善効果が期待できるお薬です。
適応症は次のように非常に多岐に渡っています。

  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症
  • 咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染
  • 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、骨髄炎
  • 膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎、精巣上体炎、尿道炎、淋菌感染症、梅毒
  • 腹膜炎
  • 感染性腸炎
  • 外陰炎、細菌性腟炎、子宮内感染
  • 涙のう炎、麦粒腫
  • 外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎
  • 歯周組織炎、歯冠周囲炎、上顎洞炎、顎炎
  • 炭疽、つつが虫病、オウム病

ミノマイシンの服用方法

成人の場合、初回服用量は1回1~2錠で水またはぬるま湯で服用します。
その後、1回1錠を1日1~2回服用します。
1日2回の場合には、12時間間隔を目安に服用してください。

ただし、年齢や症状によって適宜増減します。
薬が食道に留まると、食道に潰瘍が起きる危険性があるため、多めの水やぬるま湯で服用し、飲んでからすぐに横にならないようにしてください。
薬の成分が牛乳に含まれるカルシウムに反応して吸収できなくなるため、牛乳では服用しないでください。
飲み忘れに気付いた時は、その時点ですぐに1回分を服用してください。

ただし次の服用する予定の時間まで6時間ない場合には、1回抜かして次回通常通り1回分を服用してください。
2回分をまとめて飲むことはしないでください。

ミノマイシンの副作用

ミノマイシンの副作用としては、主に腹痛、悪心、食欲不振、胃腸障害、めまい等が報告されています。
軽度であれば特に心配の必要はありませんが、症状が長引く時や悪化する場合には医師や薬剤師に相談するようにしてください。

またごく稀にアナフィラキシーショックや全身性紅斑性狼瘡様症状の増悪、結節性多発動脈炎、微鏡的多発血管炎、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、剥脱性皮膚炎、薬剤性過敏症症候群、血液障害などの重篤な副作用が現れる場合があります。

ミノマイシンを使用して身体に異常が現れた場合には、速やかに医療機関を受診してください。

ミノマイシンの注意事項

薬やサプリメントに含まれるカルシウムやマグネシウム、アルミニウム、ランタン、鉄は、薬の成分の吸収を低下させる可能性がありますので、同時摂取は控えてください。
妊娠中や授乳中の方、また小学生以下の小児は、骨に対する副作用が報告されているためミノマイシンは服用できません。


そしがや薬局【公式】