メイアクトの効果や通販のご案内

メイアクトジェネリック200mg (セフジトレンピボキシル)

経口用第三世代セフェム系薬という分類の抗生物質で、皮膚感染症・呼吸器感染症・泌尿器感染症・婦人科感染症・眼科感染症・耳鼻科感染症・歯科感染症など広い範囲の感染症の治療に用いられいるお薬です。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質のお薬一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、メイアクトを通販でお取り寄せすることが可能です。

メイアクトの概要

メイアクトは感染症の治療に用いるセフェム系の抗生物質で、細菌細胞壁の合成を阻害し、細菌を殺す働きがありるお薬です。
含まれている有効成分は、セフジトレンピボキシルです。

セフェム系の第3世代の抗生物質で、グラム陽性菌や、大腸菌、インフルエンザ菌などグラム陰性菌にも強い抗菌力を発揮する上、他の抗生物質が効きにくい耐性肺炎球菌(PRSP)や耐性インフルエンザ菌(BLNAR)に対し効果があるとされています。

そのため、皮膚感染症や呼吸器感染症、泌尿器感染症、婦人科感染症、眼科感染症、耳鼻科感染症、歯科感染症など広い範囲の感染症の治療に用いられるお薬です。
副作用が少なく、安全性が高い抗生物質であると考えられています。

ペニシリン系の抗生物質と比べて、アレルギー症状も起きにくいとされています。

メイアクトの効果について

メイアクトは、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管炎・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍、咽頭炎・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、胆嚢炎、胆管炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、眼瞼膿瘍、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎の症状を改善する効果が期待できるとされています。

メイアクトの服用方法

成人の場合、通常1回1錠(主成分として100mg)を、1日3回食後に服用します。
重症の場合や、効果が不十分な場合には1回2錠まで増やすことができます。

症状が改善されてきたと思っても、指示された期間は飲み続けてください。
自己判断で服薬をやめてしまうと、再発したり治りにくくなる可能性があります。

ただし、3~4日間服用を続けても全く効果が出なかったり、かえって悪化するような場合には、薬が合っていない可能性もあるため、早めに医療機関を受診してください。

メイアクトの副作用

メイアクトの副作用として主に報告されている症状は、発疹、じん麻疹、軟便、下痢、腹痛、吐き気です。
また長期に渡って服用する事で、菌交代症(口内炎、カンジダ症)やビタミンK欠乏症(出血傾向)が見られる事もあります。

下痢などの胃腸症状は、メイアクトの抗菌作用によって腸内バランスが乱れる事が原因とされています。
軽度であれば心配の必要はない事がほとんどですが、ひどい下痢が続くような場合や、血便が出た時には速やかに医療機関を受診してください。

その他にもメイアクトを服用後に身体に異常が現れた場合には、医師や薬剤師に相談するか受診するようにしてください。

メイアクトの注意事項

以前に薬を使ってアレルギー症状が出た事がある方は、使用前に医師や薬剤師に相談してください。

また、本人や両親または兄弟姉妹が気管支喘息や、アレルギー症状を起こしやすい、腎障害があるといったような場合も、事前に医師や薬剤師に伝えてください。
妊娠中または授乳中の方も、使用前に医師や薬剤師に相談する必要があります。


そしがや薬局【公式】