メインテート通販と効果のご案内

メインテート5mg

有効成分ビソプロロール配合の高血圧症、狭心症、心室性期外収縮、慢性心不全の治療薬です。血圧が高い、心臓がはたらきすぎる、脈の乱れがある、胸の圧迫感や胸痛があるといった症状を改善します。

最安値を販売ページでチェック
高血圧・狭心症・心不全のお薬一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、メインテートを通販でお取り寄せすることが可能です。

メインテートの概要

メインテートは、心臓を休ませ、血圧を下げるお薬です。
主成分としてビソプロロールフマル酸塩を含んでいます。

主に高血圧症のほか、狭心症や不整脈、慢性心不全の治療に使われます。
β遮断薬(ベータブロッカー)という系統であり、心臓にだけ選択的に作用し気管支への影響が少ないため、喘息を誘発する危険性が低いとされています。
また、交感神経を刺激しないため、心臓に負担がかかりにくいとされています。

メインテートの効果について

メインテートの主成分であるビソプロロールフマル酸塩の作用で、心臓の働きを活発にするホルモン「カテコールアミン」が心臓のβ受容体に結びつくのを遮断し、それにより脈の乱れを整えたり、心臓の収縮をゆっくりさせて血圧を下げ、心筋の酸素の需要を減らす事が期待できます。

それらの作用により、次のような疾患の症状を改善させる効果があるとされています。

  1. 軽症~中等症の本態性高血圧症
  2. 狭心症
  3. 心室性期外収縮
  4. 虚血性心疾患
  5. 拡張型心筋症
  6. 頻脈性心房細動

メインテートの服用方法

メインテートは、疾患によって服用方法が異なります。

軽症~中等症の本態性高血圧症・狭心症・心室性期外収縮

成人は主成分ビソプロロールフマル酸塩として、1日1回5mgを服用します。

虚血性心疾患・拡張型心筋症による慢性心不全

成人は主成分ビソプロロールフマル酸塩として、1日1回0.625mgから開始して2週間服用を続け、忍容性がある場合は段階的の増量します。

頻脈性心房細動

成人は主成分ビソプロロールフマル酸塩として、1日1回2.5mgから開始し、効果が不十分な場合には1日5mgまで増量します。

メインテートの副作用

メインテートの副作用で軽度な症状としては徐脈、めまい、ふらつき、頭痛、浮腫、倦怠感、悪心などが報告されています。
また稀に重い副作用として、心不全、房室ブロック、高度な徐脈、喘息発作の誘発などが起こる可能性もあります。
メインテートを使用して身体に異常が現れた場合には、速やかに医療機関してください。

メインテートの注意事項

飲み合わせに注意が必要な薬があるため、他の病気で治療中の方はメインテートを服用する前に医師や薬剤師に相談するようにしてください。
また決められた用法用量を必ず守ってください。

自己判断で急に薬の服用を中止すると、狭心発作などが起こる危険性がありますので、必ず医師の指導の下で徐々に薬を減らすようにしてください。


そしがや薬局【公式】