メプレート通販と効果のご案内

メプレート2.5mg

黄体ホルモン(女性ホルモン)プロベラと同じ成分のジェネリック商品で、更年期障害にともなう症状の緩和や、不妊治療、子宮内膜症、月経前緊張症、流産防止、子宮がんや乳がんにも効果的であると言われています。

最安値を販売ページでチェック
女性ホルモン剤の一覧はこちら


メプレート 10mg

プロベラのジェネリックで黄体ホルモン補充のホルモン剤。不妊治療、更年期に

最安値を販売ページでチェック
女性ホルモン剤の一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、メプレートを通販でお取り寄せすることが可能です。

メプレートの概要

メプレートはインドの製薬会社であるSerum Institute of India社が製造販売する女性ホルモンの黄体ホルモン製剤で、アメリカに本社を置くファイザー社が製造販売しているプロベラのジェネリック医薬品です。
含まれる有効成分はメドロキシプロゲステロン酢酸エステルです。

この成分は黄体ホルモン製剤と呼ばれており、女性の体内に元々存在する黄体ホルモン(プロゲステロン)に近い自然な作用を示すとされており、女性の黄体ホルモン不足による様々な症状を改善する効果が期待できます。

メプレートの効果について

メプレートは、主に次のような症状を改善する効果が期待されているお薬です。

  • 無月経
  • 月経周期異常(稀発月経、多発月経)
  • 月経量異常(過少月経、過多月経)
  • 機能性子宮出血
  • 黄体機能不全による不妊症
  • 迫流早産、習慣性流早産

また医師の判断によって、更年期障害のホルモン補充療法や、子宮内膜症の改善などにも用いられることもあります。

メプレートの服用方法

主成分のはメドロキシプロゲステロン酢酸エステルとして、1日2.5mg~15mgを1回~3回に分けて服用します。
飲み始めは2.5mgから開始してください。

黄体機能不全に伴う不妊症に用いる場合は、高温期に入った1日目から服用を始めます。
生理5日目から7日間服用する事で、排卵を抑制し不妊効果も期待できます。

ただし妊娠を望まないのであれば、確実な避妊方法との併用が必要です。

メプレートの副作用

メプレートの副作用として多いのは、吐き気や嘔吐、乳房の張りや痛み、頭痛などです。
これらは一時的にホルモンの環境が変わる事によって起こる症状なので、身体が慣れれば収まる事がほとんどです。

また、倦怠感や気持ちが憂鬱になったりすることもありますが、気になる症状が続く場合には医療機関を受診するようにしてください。
ごく稀に重い副作用として血栓症が報告されています。

手足やふくらはぎの痛みやしびれ、突然の息切れ・息苦しいなどの症状が起こった場合、血栓症の初期症状である可能性がありますので、速やかに医療機関を受診してください。

メプレートの注意事項

服用のタイミングによって妊娠や避妊に大きな影響を与えますので注意が必要です。
特に妊娠初期に服用すると、胎児に重大な影響を与える可能性があるとされていますので、十分ご注意ください。

授乳中の方は、メプレート服用中は授乳を中止してください。
血栓性疾患の方や、肝障害のある方、性器出血や尿路出血がある方は原則メプレートは使用できません。

その他、既往症がある方は使用前に医師や薬剤師に相談するようにしてください。


そしがや薬局【公式】