ラミシール通販と効果のご案内

ラミシールジェネリック250mg14錠(テルビナフィン)

水虫やカンジダ症に有効なテルビナフィンは、飲むタイプの抗真菌薬です。国内のクリニックで一般的に処方されるお薬より、低価格で気軽に服用いただけます。塗り薬では治りにくい爪水虫や、デリケートゾーンのカンジダ症にも効果的。

ラミシールジェネリック(テルビナフィン)250mg14錠

最安値を販売ページでチェック
カンジダ症・水虫の薬一覧はこちら

ラミシールジェネリック250mg28錠(テルビナフィン)

ラミシールジェネリック(テルビナフィン)は、水虫やカンジダ症を治療する抗真菌薬です。塗り薬では治りにくい爪水虫や、デリケートゾーンのカンジダ症に効果的。

ラミシールジェネリック250mg28錠(テルビナフィン)

最安値を販売ページでチェック
カンジダ症・水虫の薬一覧はこちら

ラミシールスプレー1%(テルビナフィン)

水虫、カンジダ症を治療するスプレータイプの抗真菌薬。

最安値を販売ページでチェック
カンジダ症・水虫の薬一覧はこちら

テルビナフィン ジミッグ250mg7錠

ジミッグ(テルビナフィン)は飲んで水虫を治すお薬です。ぬり薬では治りにくい爪の水虫やかかとの水虫にもよく効きます。 成分のテルビナフィンはとくに水虫の原因となる白癬菌の抗菌力が高い抗真菌薬です。病院の皮膚科でも水虫の治療にはこの薬がよく使われています。

最安値を販売ページでチェック
カンジダ症・水虫の薬一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、ラミシールを通販でお取り寄せすることが可能です。

ラミシールの概要

ラシミールはテルビナフィン塩酸塩を主成分とした抗菌薬で、主に白癬(水虫)やカンジタ症の治療に用いられます。

お薬の形状には内服薬と外用薬があり、外用薬はクリーム・スプレー・液体が販売されています。
内服薬は、外用薬では治療が困難な爪白癬などに処方されることが多くなります。
外用薬は症状や幹部の部位、使い勝手などによって使い分けます。

有効成分であるテルビナフィン塩酸塩は、真菌の細胞膜成分の生合成に必要な酵素を阻害することで、真菌の増殖を抑制し殺真菌作用を示します。
ラミシールはアリルアミン系の抗真菌薬です。
特に白癬菌に抗菌作用を強く発揮するのが特徴です。

ラミシールの効果について

ラミシールは、主に次のような症状の改善効果が期待できます。

内服薬

  • 爪白癬
  • 手・足白癬
  • 生毛部白癬
  • 頭部白癬
  • ケルスス禿瘡
  • 白癬性毛瘡
  • 生毛部急性深在性白癬
  • 硬毛部急性深在性白癬

外用薬

  • 白癬:足白癬、体部白癬、股部白癬
  • 皮膚カンジダ症:指間びらん症、間擦疹(乳児寄生菌性紅斑を含む)
  • 癜風

ラミシールの服用・使用方法

内服薬

通常成人は、主成分テルビナフィン塩酸塩として125mgを1日1回、食後に服用します。
薬の血中濃度を均一に保つため、なるべく毎日同じ時間に服用するようにしてください。

外用薬

1日1回、患部に塗布または噴霧します。
使用量は症状によって異なりますが、必要以上の量を塗布しても効果が高まる事はありませんので、決められた用量を守るようにしてください。

ラミシールの副作用

ラシミールの内服薬の主な副作用には、発疹、蕁麻疹、そう痒症、紅斑、肝臓機能障害、消化器障害、神経障害、感覚器障害などがあります。

また、外用薬の副作用としては発疹、蕁麻疹、血管浮腫、そう痒症、紅斑、刺激感などが報告されています。
いずれの場合も、ラミシールを使用して身体の異常を感じた場合や、上記のような症状が現れた場合には使用を中止し、医師の診察を受けるようにしてください。

ラミシールの注意事項

併用に注意が必要な薬がありますので、既往症があり他のお薬を使用している方は、ラミシールを使う前に医師や薬剤師に相談するようにしてください。


そしがや薬局【公式】