サワシリン通販と効果のご案内

サワシリンジェネリック250mg(アモキシシリン)

サワシリンジェネリック250mg(アモキシシリン)はイギリスの大手製薬会社であるアストラゼネカ社が開発した、ペニシリン系抗生物質です。国内で処方される抗生物質より低価格でお買い求めいただけ、梅毒や淋病など性感染症や、ピロリ菌の除菌に有効です。

サワシリンジェネリック250mg(アモキシシリン)

最安値を販売ページでチェック


サワシリンジェネリック500mg(アモキシシリン)

サワシリンジェネリック500mg(アモキシシリン)はイギリスの大手製薬会社であるアストラゼネカ社が開発した、ペニシリン系抗生物質です。国内で処方される抗生物質より低価格でお買い求めいただけ、梅毒や淋病など性感染症や、ピロリ菌の除菌に有効です。

サワシリンジェネリック500mg(アモキシシリン)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、サワシリンを通販でお取り寄せすることが可能です。

サワシリンの概要

サワシリンは、大まかに説明するなら、病気や症状に感染する原因になる「病原菌」を殺菌することによって、炎症などといった症状を治療したり、ならないように予防したりする効果が期待できる薬になります。

サワシリンは薬としての分類は「ペニシリン系の抗生物質」に当てはまります。
用途としては、ヘリコバクターピロリに対する除菌に使用されます。

「呼吸器の感染症」や「皮膚の感染症」、「耳鼻科における感染症」をはじめとする複数の広い範囲における感染症の治療に用いられる医薬品になります。

サワシリンの効果について

続いてサワシリンがどのように作用するのかについて紹介していきましょう。

サワシリンの有効物質は細菌などによる、「細胞壁の合成」をジャマして、増殖するのを抑えることにより、「菌を殺す」というプロセスによって抗菌作用を発揮することができます。

細菌は「細胞壁」という、いわばシールド(盾)がないと、生存していくことができません。最近の「細胞壁合成」に大きく関与している物質というのが「PBP(ペニシリン結合タンパク質)」になります。
サワシリンはこのPBPへと働きかけ、細胞壁合成をできなくすることによって殺菌効果を得ることができるのです。

サワシリンの服用方法について

成人されている方は、アモキシシリン水和物として、通常は一回につき「250mg」を、1日に3~4回飲みます。この用量は年齢及び症状によって、適宜増えたり減ったりします。

小児においては、アモキシシリン水和物として、通常は一日につき、20~40mg/kgを、3回もしくは4回に分けて経口で服用します。成人同様、年齢や症状によって適宜用量は増減しますが、1日の摂取量として90mg/kgを超過しないように気をつける必要があります。

特に医師などから指定がない限りは、コップ1杯の水もしくは微温湯で、噛み砕かずに服用します。

サワシリンの副作用について

サワシリンには報告されている、いくつかの副作用があります。

主なものとして挙げられるのが、「発疹ができる」「肌がかゆくなる」「熱が出る」「下痢になったり便が柔らかくなる」「気持ちが悪くなる」「嘔吐する」「食欲が減退する」「お腹が痛くなる」「味覚に異常が生じる」などといったものです。服用していてこういった症状の可能性に感じた場合は、医師もしくは薬剤師に相談をするようにしましょう。


そしがや薬局【公式】