レキップの効果や通販のご案内

レキップ(塩酸ロピニロール)2mg

最安値を販売ページでチェック
パーキンソン病の薬一覧はこちら


レキップ8mg(塩酸ロピニロール)

最安値を販売ページでチェック
パーキンソン病の薬一覧はこちら


レキップジェネリック0.25mg(ロパーク0.25mg)

最安値を販売ページでチェック
パーキンソン病の薬一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、レキップを通販でお取り寄せすることが可能です。

レキップの概要

レキップは手足が震えたり、筋肉の強張り(緊張)、そして動作が遅くなってしまう状態を改善するための医薬品です。
レキップは通常、パーキンソン病を治療する目的で用いられる「ドパミン作動薬(非麦角系)」の医薬品になります。

レキップの効果について

パーキンソン病という病気は、脳内物質の一つである「ドパミン」が不足してしまうことによって、手足が震えてしまったり、筋肉が強張ってしまったりといった症状が現れます。

では、このドパミンはどのように補えばいいのか。脳内においてドパミンという物質は、「ドパミン受容体」という場所を刺激することによって、ドパミンを分泌させて補い、パーキンソン病の症状を改善させることを目指すことができます。

レキップには脳内にあるドパミン受容体を刺激するという作用を持つ薬です。これによって脳内で不足してしまっているドパミンの作用を補てんすることによって、パーキンソン病の症状を治療する効果を示すことができます。また、レキップの特徴として、「麦角系のドパミン作動薬」と較べると、一般的なデータとしては「心血管系の副作用」が少数であるとされており、安全性が高いというメリットがあります。

レキップをはじめとする「非麦角系」のドパミン作動薬の中には、パーキンソン病以外にも、脳内のドパミンが関係することによって引き起こされると言われる「レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)」の治療に用いられる薬も存在します。

レキップの服用方法について

レキップは特に指示がなければ、コップ一杯の水、もしくはぬるま湯にて、噛み砕かずに飲用します。
空腹時に本剤を服用すると悪心や嘔吐といった症状が起こる可能性があります。

また、副作用によって突如、眠気が起こる可能性があるので、自動車の運転や、精密機械の操作、高所での作業などは避けるようにして下さい。

レキップを服用して熱が出た、意識障害がおこった、筋肉が強張った、手が震えだしたといった症状がみられた場合は、すぐに使用を中断し、医師もしくは薬剤師へと連絡するようにして下さい。


そしがや薬局【公式】