サインバルタ通販と効果のご案内

サインバルタ30mg

サインバルタはアメリカのイーライリリー社が開発したうつ病・各種疼痛改善治療薬です。 日本でも保険の適用があり、医療の現場では心療内科や整形外科などで幅広く使われており、数多くの方がこの治療薬によって救われています。

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


サインバルタ60mg

うつ病や神経痛に。脳内でセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで、脳内の神経伝達をスムーズにし、憂うつな気分を和らげ、やる気がなくなる、不安といった症状を改善します。

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


サインバルタジェネリック20mg (ドゥゼラ)

サインバルダジェネリック(デュロキセチン)という医薬品は、神経伝達物質をバランスよく送り込み、落ち込みがちな気分を明るくするはたらきのある次世代の抗うつ薬として知られています!

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


サインバルタジェネリック30mg (ドゥゼラ)

サインバルダジェネリック(デュロキセチン)は、うつ病などの精神疾患の治療のほかにも尿失禁の予防・疼痛抑制作用にも優れた医薬品となり、その効果も多岐にわたっています。

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


サインバルタジェネリック40mg (デュゼラ)

SNRI抗うつ剤で有名なサインバルタのジェネリック薬!うつ病の治療以外にも、糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療にも使われます。

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


サインバルタジェネリック60mg (ドゥバンタ)

サインバルダジェネリック(デュロキセチン)という医薬品は、神経伝達物質をバランスよく送り込み、落ち込みがちな気分を明るくするはたらきのある次世代の抗うつ薬として知られています!

最安値を販売ページでチェック
うつ病の薬一覧はこちら


個人輸入代行サイトを利用することで、サインバルタを通販でお取り寄せすることが可能です。

サインバルタの概要

サインバルタは糖尿病性の神経障害がもとで起こる疼痛を改善する治療薬になります。
憂鬱な気分を緩和させて、意欲を向上させる効果があります。

また、痛みを抑制する神経の働きを向上させる効果があるため、上記の糖尿病性の神経障害および線維筋痛症、慢性の腰痛、変形性関節症といった症状によって起こる痛みであったり痺れなどを緩和させる効果もあります。

サインバルタの効果について

サインバルタの有効成分である「デュロキセチン」は、セロトニンに加えてノルアドレナリンの「再取り込み」をジャマする作用があり、シナプス間隙、細胞外に存在する5-HTおよびNAの濃度を上げる効果があります。これまでのSNRIと比較して、「5-HTおよびNA再取り込み阻害作用」が強力であり、ドパミンを再取り込みする動きを阻害する作用はほとんど無いというのが特徴です。
それぞれの神経物質受容体に対しての親和性が低いというのも特徴で、抗コリン作用であったり、α1拮抗作用などがもとで起こりえる「心毒性」は少ないとされています。

他のサインバルタの作用としては、前頭前皮質におけるドパミンの濃度がアップするという点が挙げられます。これは前頭前皮質においてドパミントランスポーターの分布が少ないということが理由です。そういった理由からドパミンは「NAトランスポーター」を経由することによって前シナプス終末部へと取り込まれることになります。ですがデュロキセチンはNAトランスポーターをジャマする作用があるので、ドパミンの再取り込みもジャマされることとなり細胞外に存在する遊離ドパミンの濃度が向上する結果となるとされています。

前頭前皮質におけるドパミンの濃度がアップすることによって前頭前皮質の血液の流れが促進されることにより認知および情動行動といったものが改善されることにも関係してきます。

サインバルタの服用方法について

通常、成人の方は、1日につき1回、朝食を食べた後に有効成分として20mgから服用をスタートします。そして1週間以上服用を続けた後に、1日につき40mgへと増量されます。患っている症状によっては、40mgを1週間以上服用を続けた後に、十分な効果が見られなかった場合、1日につき60mgまで量が増やされることがあります。
サインバルタは1カプセルの中に有効成分デュロキセチンとして20mgが含まれた医薬品になります。
服用を忘れてしまった場合は、気付いた時点で、できるだけ早く飲むようにして下さい。しかし、次に服用する時間が近づいている場合は、1回分は飛ばすようにして下さい。2回分を一度に服用することは危険ですので、絶対に避けて下さい。

また副作用として眠気や眩暈といった症状が現れる場合があります。そのため車を運転したり、機械を操作する際にはくれぐれも注意してください。上記の症状の疑いを感じた場合は、車の運転や機械の操作を行わないようにして下さい。


そしがや薬局【公式】