ハルナール 通販モーション

ハルナール(フロマックス)

有効成分タムスロシンが含まれた前立腺肥大症の治療薬です。日本国内ではハルナールという商品名で承認されており、臨床現場においてもよく用いられている薬です。膀胱及び前立腺にピンポイントで作用し、起立性低血圧が出にくいように工夫された薬です。

最安値を販売ページでチェック
前立腺肥大・排尿障害の薬一覧はこちら

ハルナールジェネリック0.4mg(タムスロシン)

前立腺肥大症で尿の出が悪く困っている男性の方へ。尿道の筋肉を緩めて尿の出をスムーズにする「ハルナール」のジェネリック医薬品です。尿道に選択的に効果があり、副作用が少なく安全なお薬です。タムスロシンは0.4mg製剤ですので半量にしてから内服してください。

最安値を販売ページでチェック
前立腺肥大・排尿障害の薬一覧はこちら

ハルナールジェネリック0.4mg(ユリマックス)

ユリマックス0.4mgは、前立腺肥大症に伴う排尿障害治療薬です。 1カプセルに日本で承認されている先発品ハルナールD錠0.2mgの倍量である0.4mg(400μg)を含有しています。

最安値を販売ページでチェック
前立腺肥大・排尿障害の薬一覧はこちら


ハルナールの副作用はどういうものがあるか

ハルナールというお薬を使う事で得られる効果は前立腺肥大で排尿がしにくくなっていたのを改善して排尿をしやすくするという効果があります。
ですが、ハルナールは医薬品なのでこれを使用する事で本来期待される効果以外に副作用が出る事があるので注意が必要になります。

では、実際にハルナールという薬を使うとどういう副作用があるかというと、よくあるのがめまいやふらつきといった症状になります。
またこれを服用することで場合によっては吐き気や食欲不振や全身の倦怠感もあったりします。

もちろん、ハルナールを服用して絶対にこれらの副作用が出るという事はないです。
ですが、これらの症状が出る事もあるという報告がある以上ハルナールを服用する際には注意しないといけないです。

また、ハルナールを服用した時には気を失ってしまうという症状が出る事もあります。
このような症状が副作用で出た際には意識喪失の前兆の可能性もあるので気を失うという症状が出た際には速やかに病院を受診されるのが良いです。

またこれによって稀に肝機能障害になる事もあります。
その前段階として全身が怠いという副作用が出る事もあるのでそのような症状が出た時は早く病院を受診した方が良いです。

そうしないとさらに症状が悪化する事もあるのでただの軽い副作用とは思わないでそれなりにしっかり対処されるのがおすすめです。
特に強い副作用を感じた時は大丈夫だと思わないで速やかに病院を受診するのが良いです。