ステンドラの効果や通販について

ステンドラジェネリック(アバナ50)

アバナは、アバナフィル配合のED治療薬ステンドラのジェネリック医薬品で、新世代ED治療薬です。これまでのED治療成分のシルデナフィル(バイアグラ)、タダラフィル(シアリス)、バルデナフィル(レビトラ)より効果があらわれるのが早いのが特徴です。

最安値を販売ページでチェック
ED治療の薬一覧はこちら


ステンドラジェネリック(アバナ100)

バイアグラ、レビトラ、シアリスに次ぐ第4のED治療薬アバナフィル!先発薬の弱点を克服してさらに使いやすく開発された勃起不全治療薬!

最安値を販売ページでチェック
ED治療の薬一覧はこちら


ステンドラの効果について

ED治療薬の1つがステンドラです。
バイアグラ、レビトラ、シアリスに続くED治療薬として2012年にアメリカで発売されました。
従来のED治療薬と異なる点としては、即効性が高い点です。

これは配合されている主成分の違いによるもので、ステンドラにはアバナフィルが含まれています。
アバナフィルは日本の田辺三菱製薬が開発を進めていた成分で、早い人だと服用後15分で効果が出始めます。
従来のED治療薬ではレビトラが20分前後と最速でしたが、さらに上回る短時間での効果が期待できるのです。

成分の作用としてはPDE5阻害薬の1つになります。
勃起を抑制するための酵素であるPDE5を選択的に阻害することで、勃起を促進させる作用があるのです。
さらに海綿体にある環状グアノシン一リン酸を増加させます。
この環状グアノシン一リン酸が増加することで、血管が拡張されることになり海綿体への血液流入量が増加するのです。
勃起が起こるのは海綿体へ血液が流入することの結果ですので、効果的にEDの改善へとつながると考えられます。

用量としては50mg、100mg、200mgの3つです。
初めてステンドラを服用する人は50mgからが推奨されています。
従来のED治療薬と同様に副作用もあるため、最初は低用量から始めるのが推奨されている形です。
多く飲んだからといって効果の出方が強まることはありません。

副作用として確認されているのは、頭痛と火照り、鼻詰まりです。
他にも目の充血などが確認されているので、他のED治療薬と似た副作用が出ると考えられます。

そしがや薬局【公式】